バイナリーオプションで毎月1万円を投資する生活

BO投資とは?話題のバイナリーオプションを徹底解説

BO投資の画像

投資と聞くと株式投資やFXが思い浮かぶ方も多いかと思います。最近、BO投資が話題になっていることをご存知でしょうか?

BO投資とは、バイナリーオプションのことであり、為替取引のひとつです。 今回は、そんなBO投資について仕組みや危険性、さらに良く懸念されているBO投資のギャンブル性についても徹底解説します。

この記事を読んでいただければBO投資に関する基本的なことや初心者が抱きやすい悩みが解決できますので、是非参考にしてくださいね。

BO投資とは

まず、BO投資=バイナリーオプションとはそもそも何なのかについて詳しく解説していきます。

バイナリーオプションとは、FX同様為替取引の投資方法の一つ であり、数秒後、数分後、数時間後の為替相場の上下を予想します。予想が的中すれば、投資金額に一定のペイアウト率が上乗せされた金額が返ってくるというFXよりも断然シンプルなシステムの投資方法です。

もう少し詳しく解説していきましょう。まずは、バイナリーオプションという言葉について解説していきます。

バイナリーとは

「バイナリー」という言葉に馴染みがない方の方が多いかと思います。

「バイナリー」とは、「二進法」を意味する言葉であり、「二進法」とは、「0」と「1」だけ使って表す考え方で、パソコンなどのコンピューターに用いられています。つまり「0」か「1」、「上」か「下」の2択と理解しておくと分かりやすいです。

オプションとは

次に、「オプション」についてです。これは、「オプション取引」のことを指していて、例えば、金を3月1日に「3か月後に100万円で買う権利」をオプション料金50万円で購入したとします。そして3か月後の6月1日に金の価格が上昇していて100万円から200万円に値上がりしました。

この時、3か月前に購入した「100万円で買う権利」を使って200万円の価値のある金を100万円で購入しました。この時権利を購入した時の価格は50万円ですから、実質50万円分の利益が出たことになります。

このように「ある商品」を「将来のある特定日時」に「特定の値段で買う(売る)権利」を売買することを「オプション取引」 といいます。

BO投資の仕組み

次にBO投資の仕組みについて解説します。バイナリーオプション(BO)の仕組みを説明する上で、分かりやすいのトランプの「High&Low 」です。

表向きにされているトランプに対して新たに出した1枚が「上」か「下」かを予想して当たれば賭け金の2倍、外れれば賭け金没収というシンプルで分かりやすいゲームですが、このルールが為替取引にそのまま適用されたと考えてもらうと分かりやすいかと思います。

実際にバイナリーオプションの仕組みを例に説明します。

1分後、ドル円が現在の価格よりも上がると予想して10,000円賭け、結果予想を的中させました。予想を的中させたため、賭けた10,000円に1.8倍のペイアウト率が上乗せされ18,000円になって払い戻され、8,000円の利益がでました。

これが、一般的なバイナリーオプションの仕組みになります。もし、予想が外れ、ドル円の価格が下がってしまった場合には、賭けた10,000円全額が没収されてしまいます。

このように投資初心者の方でもシンプルで分かりやすく 、元手自体も数千円から始めることが出来、なおかつハイリターンで返ってくる ため、元手のお金が少ない方や投資初心者の方に人気があります。

FXとの違いは

ここで、同じ為替取引であるFXとの具体的な違いが気になる方もいるかと思いますので、FXとの違いについても説明しておきます。

FXの場合、BO投資と上か下かを選んでお金を賭ける部分は共通しています。しかし、FXは上か下かを選択した後さらに、自分で利益や損失を確定させなければいけないため、自分で注文を決済するタイミングが重要になってきます。

それに比べ、BO投資の場合は、FXと違い上か下かを選ぶだけでいい為、注文の決済するタイミングを見計らう必要がありません。 さらに、バイナリーオプションには追証がありません。

追証とは、口座の証拠金が不足した場合に不足した分が請求される仕組みのことであり、大きな暴落などが起きた際には、最悪の場合借金を背負うことになってしまいます。 しかし、BO投資の場合、賭けた金額以上の損失は出ないので、リスク管理に関しても初心者におすすめ なのです。

BOは投資?ギャンブル?

バイナリーオプション(BO)はよく、ギャンブル性が高いため、投資とは言えないと言われることがあります。そう言われると特に初心者の方は不安に感じてしまうかもしれませんが、先に結論から言わせていただくと、バイナリーオプションはれっきとした投資です。

それはなぜかとういうと、確かにBOは上か下かを選ぶだけの非常にシンプルでギャンブル性が高い仕組みになっています。それは、トランプの「High&Low」やサイコロの「丁半博打」とルールはほぼ同じです。しかし、トランプの「High&Low」やサイコロの「丁半博打」は完全に運任せのゲームですが、BOは違います。

なぜそういえるかというと、BOは運任せで上か下かを選ぶのではなく分析をした上で予想するからです。

株式投資でもFXでもそうですが、投資を行う際には、「チャート」を使ったテクニカル分析や世界情勢や経済ニュース等を用いたファンダメンタル分析を行った上で、株や為替の売買を行います。BOを行う際も全く同じであり、分析をしっかりとしたうえで上か下を選んで行うため、投資と言えます。

これからBOを始めようと考えている方でギャンブル性が高いと懸念されている方は、ギャンブルではなく投資ですので安心していただいて問題ありません。

BOをギャンブルにしてしまう場合とは

バイナリーオプション(BO)がギャンブルではなく投資であることが分かっていただけたと思いますが、BOも使い方によってはその性質上からギャンブルとなってしまう可能性があります。それは投資について全く知識を入れず、勘で行ってしまうことです。

このほかにも、資金管理やメンタル面等、投資に必要なスキルを無視した取引をするとそれは完全にギャンブルと同じですので、そのような方はBOをやるのではなく、パチンコや競馬などのギャンブルをすることをおすすめします。

BO投資は危険?

次にバイナリーオプション(BO)の危険性について紹介します。BOだけでなく投資にはいくつかの危険が同時に存在していることも理解しておく必要があります。

投資知識をつけずに行うのは危険

まず、BOは投資ですので、始める前に必ず投資知識を身に付ける必要があります。 いわばバイナリーオプションで戦っていく上での武器や戦い方を身に付けるということです。

とはいえものすごく難しい経済理論や計算式を覚える必要はなく、基本的な経済知識や世界情勢を知っていれば十分です。そして、チャートの読み方・テクニカル分析方法を身に付けてください。

こちらも別に難しく考える必要はなく、ローソク足の読み方から始まり、移動平均線、ボリンジャーバンドなどのテクニカル分析ツールをいくつか勉強して自分に合うものを使うようにしてください。

詐欺に遭いやすい危険性がある

投資分野には必ずと言っていいほど詐欺が付き物です。お金に目がくらんだ人たちを甘い言葉で誘って、大金を巻き上げる行為は後を絶ちません。

具体的にどんな詐欺があるのかというと、高額ツールやセミナーが多いです。『このツールを使えば1カ月に100万円以上稼げるようになる』、『セミナーに通えば生徒さんだけに秘密の手法を教えます』等、ツールを買わせようとする人やセミナーを受けさせようとする人がいますが、基本的にツールやセミナーで勝てるようにはなりません。

BO積み重ねた経験と知識で勝っていくものですので、楽して稼ごうなどという甘い考えで行ってはいけません。

しかもこのツール数十万円と高額なものばかりですので、安易に手を出さないようにしましょう。また、最近では、YouTube上に実際に勝っている状況を見せてツールやセミナーに参加させようとする悪質な人もいますので注意が必要です。

BO自体が危険なわけではない

ただし勘違いして欲しくないのが、決してBO自体が危険というわけではありません。 BOの利用の仕方やそれらを利用して詐欺を仕様とする人達が危険なわけであり、BOはただの投資方法の一つです。

BOをしたからと言って何か危険な目に遭うということはありませんので安心してください。正しい方法でBOを行っていけば、投資としてしっかりと成果を出すことが出来るものです。

BO投資まとめ

以上、バイナリーオプション(BO)について様々な視点から解説しました。バイナリーオプションは非常に簡単な仕組みの投資であり、初心者でも取り組みやすいことが分かっていただけたと思います。

勉強して分析を続けることで少しずつお金を増やしていくことが出来ますので、興味がある方はぜひBO投資を試してみてください。

私が使用するおすすめのバイナリーオプションサイトはコレだ!!
ハイローオーストラリア
口座開設無料(翌日から3営業日以内に開設可能)
初回デポジット金5000円からとなっています
取引コスト1000円から投資可能です
出金対応当日・又は翌営業日に出金可能
還元率ペイアウト200%です
その他無料で今すぐデモトレードが利用できます

ハイローオーストラリアは海外バイナリーオプション業者の中でも、人気の高い業者となり、海外の金融機関、ネッテラーとの提携が有ります。日本では、三井住友銀行、イオン銀行との提携を行っており、信頼ある取引環境がバッチリです。オーストラリアの金融機関である、ASICでのライセンスも保持している業者ですので、安心して取引を楽しめます

感想・コメントをお願いします

サブコンテンツ