バイナリーオプションで毎月1万円を投資する生活

ハイローオーストラリア連打で1,000円を増やす

ハイローオーストラリア連打で1,000円を増やす

バイナリーオプションで投資生活を始めての僕は、元金が毎月1万円なので目標をとりあえず1,000円を増やすにしました。

1,000円を増やすために3つのバイナリーオプション業者を使い分けて、検証しながら取引をしています。意外と順調に進んでいますが、今回は僕が愛用しているハイローオーストラリアで連続1,000円を増やすことに挑戦してみました。

ハイローオーストラリアを使って、転売機能やヤフーファイナンステクニカル分析チャートで1,000円を増やすことができましたが、今回はハイローオーストラリアの裏技で3回連続1,000円を増やすことができました。早速報告します。

1,000円を増やすハイローオーストラリアの連打とは
ハイローオーストラリアで1000円を増やす

ハイローオーストラリアは最低入金額5,000円や、登録手続き不要のデモ取引、転売機能で大人気のバイナリーオプション業者となっていますが、まだまだ意外と知られていない裏技がありますね。それは今回僕がチャレンジした連打です。

バイナリーオプション業者の多くが一回のエントリーが終わるまで再エントリーができません。ハイローオーストラリアの連打手法とは、判定に関わらず連続バイナリーオプション取引にエントリーする手法です。自信のあるタイミングに一回以上のエントリーで、より多くの利益を獲得することができます。そして、たとえHIGHでエントリーしたとしても、その後LOWでエントリーもできるので、万が一押し間違いや読み間違えたと気づいたときにもう一回エントリーしてトータルで損しない調整もできます。では早速僕の取引レポートを見ていきましょう。

ハイローオーストラリアの連打で1,000を増やすに挑戦!

ハイローオーストラリアの連打で1,000を増やすに挑戦する舞台は、僕はいつも取引をしている米ドル/日本円の30秒短期取引となります。ハイローオーストラリアでは短期取引をTurboと言います。

ハイローオーストラリア1000円を増やす設定

ハイローオーストラリアのプラットホームを開きますと、早速エントリーのチャンスがありました。画像のようにずっと下がっているレートが跳ね返って上がってきました。時間の変わり目に早速3回連続エントリーしました。

ハイローオーストラリア1,000円を増やすエントリー

ハイローオーストラリアの連打を使う時に必ず注意なければならないことがあります。インターネット環境やシステムによって、連打手法を使う時に遅く反応することがあります。30秒などの短期取引では3回以上のエントリーはしない方がいいかもしれません。HighLowのような時間長めの時は多く連続エントリーをしてもいいです。

ハイローオーストラリア1,000円を増やす勝利

ハイローオーストラリアの連打手法を挑戦した結果、無事に勝利しました。トータル2,400円純利益を獲得しました。

ハイローオーストラリア連打で1,000円を増やすまとめ

ハイローオーストラリアの連打で1,000円を増やす目標だったが、1分立たないうちに2,400円を増やすことができました。ただし注意するのは時間長めの場合は多く連続エントリーしてもいいですが、短期取引の場合は3回までにした方がいいです。そして、HIGHでエントリーして失敗しそうな時はまたLOWでエントリーできるのでトータル調整ができます。

ハイローオーストラリア連打で1,000円を増やすレポートは以上となりますが、いかがでしたでしょうか?ちなみにハイローオーストラリアのデモ取引もこの連打手法が使えるので、参考にしてみてください。

ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリアはデモ取引・転売機能が完備していて、しかもバイナリーオプション業界で最低入金額5,000円となっています。初心者でも参加しやすくなっています。
運営会社 Realtime Capital Markets Pty. Ltd.
最低入金額 5,000円
最低取引金額 1,000円
ペイアウト率 最大200%
口座開設 無料・最短5分
ハイローオーストラリア取引レポート
ハイローオーストラリア公式
私が使用するおすすめのバイナリーオプションサイトはコレだ!!
ハイローオーストラリア
口座開設無料(翌日から3営業日以内に開設可能)
初回デポジット金5000円からとなっています
取引コスト1000円から投資可能です
出金対応当日・又は翌営業日に出金可能
還元率ペイアウト200%です
その他無料で今すぐデモトレードが利用できます

ハイローオーストラリアは海外バイナリーオプション業者の中でも、人気の高い業者となり、海外の金融機関、ネッテラーとの提携が有ります。日本では、三井住友銀行、イオン銀行との提携を行っており、信頼ある取引環境がバッチリです。オーストラリアの金融機関である、ASICでのライセンスも保持している業者ですので、安心して取引を楽しめます

感想・コメントをお願いします

サブコンテンツ