必勝攻略法

【順張り】バイナリーオプションの鉄板手法と狙い目の時間帯!

この記事でわかること

バイナリーオプションの順張りとは?

バイナリーオプションの順張りで使える「鉄板手法」

バイナリーオプションの順張りで狙うべき時間帯

ハイロー仙人
ハイロー仙人
皆の者、元気にしとるか?ハイロー仙人じゃ。
今回は、バイナリーオプションの王道手法:順張りついて詳しく解説していくぞ。

相場には、「勝ちやすい時間帯」と「負けやすい時間帯」があるのをご存じですか?

とはいえ、「いつエントリーすればいいの?」などエントリーポイントの見極め方に疑問を感じている方も多いでしょう。

本記事では、バイナリーオプションオプションで使われる鉄板手法や狙い目の時間帯について、実際に勝てているトレーダーの観点から解決していきます。

具体的な内容は、下記の通りです。

順張りで狙うべき勝ちやすい時間帯
取引を避けるべき時間帯
順張りでエントリーするタイミング
バイナリーオプションの順張りで勝つための3つの手順

最後まで読むだけで、順張りで安定して稼げる可能性が高まるため、ぜひご覧ください!

バイナリーオプションの順張りとは?

順張りとは、相場のトレンドに沿ってエントリーする取引手法のことです。

相場が上昇している時は「買いエントリー」、下降している時は「売りエントリー」をして、利益を狙います。

また、逆張りは相場のトレンドに反発した取引手法を用いることで、利益を狙うことが可能です。ただし、逆張りを行う場合は、相場が今後反発するという明確な根拠が必要となります。

下記では、バイナリーオプションの順張りと逆張りについて、詳しくご紹介していきます。

順張り

順張りとは、相場のトレンドと同じ方向にエントリーして、利益を得る手法です。

相場のトレンドには上昇・下降・レンジの3種類があります。

チャートが右肩上がりになる「上昇」

チャートが右肩下がりになる「下降」

チャートが横ばいになる「レンジ」

バイナリーオプションでは、上昇トレンドでは「買いエントリー」、下降トレンドでは「売りエントリー」をして、利益を狙うことが可能です。

また、レンジ相場では、レンジ範囲の上限から「売りエントリー」、下限で「買いエントリー」をして、利益を狙います。

逆張り

逆張りとは、トレンドと逆方向にエントリーして、利益を得る手法です。

相場が上昇している時に「売りエントリー」、下降している時に「買いエントリー」をして、利益を狙います。

逆張りを狙う際は、トレンドラインや過去チャートで何度も反発している場所から、再度反発を予測してエントリーする必要があります。

ただし、逆張りは、相場が反発するという明確な根拠を持って取引しないと、反発せずに値が伸びたり、一時的な反発のみで終わってしまうため、初心者の方には、あまりおすすめできません。

順張りで狙うべき勝ちやすい時間帯

弟子の鈴木
弟子の鈴木
順張りで勝ちやすい時間帯ってあるんですか?
ハイロー仙人
ハイロー仙人
「ロンドン市場」と「ニューヨーク市場」が両方開いている時間がおすすめじゃよ

順張りで勝ちやすい時間帯は、トレンド相場が発生しやすい以下2つの時間帯です。

【3月の第2日曜日~11月の第一日曜日】
21:00~2:00

【11月の第1日曜日~3月の第2日曜日】
22:00~3:00

上記の時間帯は、取引量が多い、「ロンドン市場」と「ニューヨーク市場」が両方開いているため、トレンドが発生しやすい相場となっています。

しかし、相場には取引を行うべきではない時間帯もあるため、注意が必要です。

下記では、「トレンド相場が発生しやすい時間帯」「初心者が取引を避けるべき時間帯について、ご紹介していきます。

トレンド相場が発生しやすい時間帯を狙う

順張りでエントリーする際は、トレンド相場が発生しやすい、「21:00~2:00」までの時間帯を狙うとよいでしょう。

ただし、「11月の第1日曜日~3月の第2日曜日」までは、「22:00~3:00」と時間が1時間遅くなるため、注意が必要です。

上記の時間帯は、「ゴールデンタイム」と呼ばれ、世界の為替取引率の56%を占めている、「ロンドン市場」と「ニューヨーク市場」が両方開いている時間。

東京市場よりも取引量が増え、トレンド相場になりやすい時間帯となっています。

初心者が避けるべきNG時間帯

初心者が取引を避けるべき時間帯は、以下の2つです。

市場が開閉する30分前後
経済指標の発表前後

市場が開閉する30分前後は、多くのトレーダーたちが一斉に市場に参加するため、相場が荒れやすくなります。

また、経済指標の発表前後も、相場が荒れやすくなるため、取引を控えるようにしましょう。

特に注意すべき指標は、毎月第一金曜日の下記時間帯に発表される、「米雇用統計」です。

【4月~10月】
毎月第一金曜日の21:30

【11月~3月】
毎月第一金曜日の22:00

米雇用統計が発表される直前後は、高確率で相場が荒れるため、初心者の方は取引を避けるようにしましょう。

順張りでエントリーするタイミングの具体例

順張りでエントリーする際は、インジケーターを利用することで、タイミングが掴みやすくなります。

また、上昇トレンドの場合は「押し目買い」、下降トレンドの場合は「戻り売り」、レンジ相場の場合は「ブレイクアウト」と呼ばれる手法を用いることで、より勝ちやすいタイミングでエントリーすることが可能です。

「押し目買い」や「戻り売り」でエントリーする際は、ローソク足のパターンを覚えておくことで、より強い根拠でポジションを持つことができるでしょう。

下記では、

・おすすめのインジケーター3選
・上昇/下降トレンドのエントリーポイント
・レンジ相場でのエントリータイミング
・ローソク足のパターン

についてご紹介していきます。

インジケーターを活用した順張り

順張りでエントリーする際に、おすすめのインジケーターは、以下の3つです。

移動平均線

ADX

MACD

まず、移動平均線とは、一定期間の終値の平均値を線で繋いだものを指します。

移動平均線を使って、順張りでエントリーする際は、ローソク足と移動平均線の位置関係を確認しましょう。

次に、ADXとは、「Average Direction Movement Index」の略称で日本では、「平均方向性指数」と呼ばれています。

ADXは、下記3つの線から構成されており、トレンドの総合的な強さの確認が可能です。

 

ADX線

+DI線

-DI線

最後に、MACDとは、「Moving Average Convergence Divergence」の略称で、日本では、「移動平均収束拡散法」と呼ばれています。

MACDは、「MACDライン」と「シグナルライン」から構成されており、売買のタイミングとトレンド転換を判断することが可能です。

レンジブレイク時のトレンド狙い

レンジブレイクとは、「ブレイクアウト」とも呼ばれており、レンジ内の高値に引いた「レジスタンスライン」または、安値に引いた「サポートライン」を突き抜けることをいいます。

レンジブレイク直後は、突き抜けた方向にトレンドが発生しやすいため、順張りでのエントリーポイントが見つけやすいです。

ただし、レンジブレイクしたと見せかけて、もとのレンジ相場に戻ったり、突き抜けた方向とは逆にトレンドが発生してしまう可能性もあるため、注意しましょう。

押し目買い

上昇トレンドは、一直線に価格が上がっていくわけではなく、途中で価格が上がったり下がったりを繰り返しているのをご存じですか?

相場では、上昇トレンド中に、一時的に価格が下がるタイミングを「押し目」と呼び、押し目で買いエントリーを入れることを、「押し目買い」といいます。

押し目買いを行う際は、買いエントリーを入れるタイミングが最も重要。

もしエントリータイミングを間違えてしまうと、下降が継続してしまったり、上昇せずに、レンジ相場になってしまうケースもあるため、注意しましょう。

戻り売り

「戻り売り」も、「押し目買い」と同様に、価格の上がり下がりに注目してエントリーを行う手法です。

「押し目買い」が、上昇トレンド中に、価格が一時的に下がったタイミングで買うのに対し、「戻り売り」は、下降トレンド中に、価格が一時的に上がったタイミングで、売りを行います。

また、戻り売りを行う際も、売りエントリーを入れるタイミングが最も重要となるため、相場の値動きをしっかりと分析して、エントリータイミングを判断するようにしましょう。

ローソク足のパターン

ローソク足には、以下の6パターンがあります。

大陽線/大陰線

小陽線/小陰線

上影陽線/上影陰線

下影陽線/下影陰線

トンボ/トウバ

十字線

【パターン1】大陽線/大陰線
大陽線/大陰線とは、ローソク足の実体部分がヒゲよりも長く、価格の上昇もしくは下降幅が大きい線です。

大陽線/大陰線には、「陽の丸坊主/陰の丸坊主」「陽の大引け坊主/陰の大引け坊主」「陽の寄付き坊主/陰の寄付き坊主」の3パターンがあり、いずれも、強い買いもしくは売りのサインを示しています。

【パターン2】小陽線/小陰線
小陽線/小陰線は、ローソク足の実体部分が短く、「コマ」のように見えるのが特徴です。
上昇もしくは下降が同じような力で押し合っている状態のため、むやみにエントリーしないようにしましょう。

【パターン3】上影陽線/上影陰線
上影陽線/上影陰線は、ローソク足の実体部分が短く、上ヒゲが長いため、「トンカチ」とも呼ばれています。どちらも、上昇トレンドの終盤によく現れる形で、今後価格が下がっていく可能性が高いサインです。

【パターン4】下影陽線/下影陰線
上影陽線/上影陰線とは反対に、下ヒゲが長いため、「カラカサ」とも呼ばれています。安値圏で出現すれば、今後強い上昇トレンドが始まる可能性が高いサインです。

【パターン5】トンボ/トウバ
トンボ/トウバとは、ローソク足の実体部分がなく、上ヒゲもしくは下ヒゲが伸びたローソク足のことをいいます。いったん上昇もしくは下降した価格が、すべて押し戻され、始値まで戻ったサインです。

下降トレンドにトンボが出現すれば、今後上昇トレンドに変わる可能性が高く、上昇トレンドにトウバが出現すれば、今後下降トレンドに変わる可能性が高くなります。

【パターン6】十字線
十字架とは、ローソク足の実体部分がなく、上下にヒゲが形成されている状態のことです。
売りと買いの力が等しく、どちらに動くか分からない状態を意味します。

「押し目買い」もしくは「戻り売り」を行う際は、「大陽線/大陰線」の出現後にエントリーを入れるとよいでしょう。

また、上昇トレンドの途中で、「上影陽線/上影陰線」もしくは「トンボ」が出現すれば、今後上昇トレンドが始まる可能性が高いため、買いエントリーを入れられる可能性が高まります。

下降トレンドの場合は、「下影陽線/下影陰線」もしくは「トウバ」の出現を確認し、売りエントリーを待ち構えましょう。

ただし、「小陽線/小陰線」や「十字架」のようなローソク足は、様子見のサインとなるため、エントリーを控えることをオススメします。

バイナリーオプションの順張りで勝つための手順

バイナリーオプションの順張りで勝つためには、以下3つの手順を踏みましょう。

 

  1. トレンド相場の発生を見極める
  2. 複数の時間足でトレンドの方向を確認する
  3. 実際にデモ取引を行う

順張りで勝つためには、トレンド相場の発生を見極めたり、複数の時間足で、トレンド方向を確認する必要があります。

また、実際に取引を行うことで、自身の相場分析能力を磨くことが可能です。

下記では、バイナリーオプションの順張りで勝つ手順について、詳しくご紹介していきます。

トレンド相場の発生を見極める

順張りでエントリーするには、トレンド発生の見極めが必要です。

上昇トレンドまたは下降トレンドを見極める際は、価格の向きと、移動平均線の場所を確認しましょう。

具体的には、価格が下向きかつ移動平均線より下に位置していれば「下降トレンド」、価格が上向きかつ移動平均線より上に位置していれば「上昇トレンド」と見極めることができます。

また、過去の相場を確認することで、現在が確実に上昇または下降トレンドなのかを見極める判断材料となるため、トレンド相場を見極める際は、しっかりと確認してください。

複数の時間足でのトレンド方向の一致を確認

順張りでエントリーする際は、必ず複数の時間足を見て、トレンドの方向が一致しているかを確認しましょう。

たとえ、5分足や15分足などの下位足で上昇トレンドが出ていても、1時間足や4時間足などの上位足が下降トレンドになっている場合は、上位足からすると、逆張りのエントリーとなってしまいます。

また、下位足でトレンドが発生していても、上位足のレジスタンスラインやサポートラインで反発してしまい、下位足のトレンド方向へと価格が伸びない可能性があるため、注意しましょう。

実際に順張りでデモ取引してみる

バイナリーオプションの順張りで勝つためには、実際に取引をしてみることが大切です。なぜなら、順張りの知識を身に着けただけでは、思うように取引できないからです。

しかし、いざ取引を行うとなると、損失を気にしてしまい、中々エントリーできないという方も多いかと思います。そのような方には、デモ取引がおすすめです。デモ取引は、仮想のお金で取引を行うため、初心者の方でも安心して利用することができます。

特に、「ハイローオーストラリア」というバイナリーオプション業者は、パソコンだけでなく、スマートフォンでの取引にも対応しているため、「外出先で取引したい」という方にもオススメです。

まとめ:トレンド相場の順張りは鉄板手法

この記事のまとめ

順張り:トレンドの流れに沿って取引する手法
順張りでエントリーする際は、「押し目買い」もしくは「戻り売り」が効果的
バイナリーオプションの順張りで狙うべき時間帯は、「ロンドン市場」と「ニューヨーク市場」が開いている時間帯によって変わる

バイナリーオプションの順張りでエントリーする際は、一時的に価格が上昇もしくは下降した場所でエントリーすることで、より勝率が上がる可能性が高まります。

また、バイナリーオプションの順張りで勝ちやすい時間帯は、下記の通りです。

【3月の第2日曜日~11月の第一日曜日】
21:00~2:00

【11月の第1日曜日~3月の第2日曜日】
22:00~3:00

それぞれ、「ロンドン市場」と「ニューヨーク市場」が開いている時間帯が異なるため、注意して取引を行うようにしましょう。

ABOUT ME
ハイロー仙人
当サイトで、ハイローオーストラリアの取引に関する情報をお届けしています。 勝った情報も負けた情報も是非参考にして下さい。 管理人が一押しするハイローオーストラリアの公式サイトはコチラです。 公式サイト:ハイローオーストラリア 僕のサイト:http://binaryoption-report.com/