必勝攻略法

【バイナリーオプション】MACDのだまし回避法と実践テクニック

MACD
この記事でわかること

MACDの仕組みと正しい使い方
MACDのだましを回避する方法
MACDを使った高勝率なエントリー方法

ハイロー仙人
ハイロー仙人
皆の者、元気にしとるか?ハイロー仙人じゃ。
今回は、MACDのだまし回避について詳しく解説していくぞ。

バイナリーオプションでMACDを使っている方の中には、MACDを使うことで勝ちやすくなったのは確かだけど(だまし)でよく負けるというお悩みをお持ちの方も少なくないのではないでしょうか。
MACDのだましが原因で負けてしまうと相場にだまされた感がありますが、実際はMACDの正しい使い方を理解していないだけです。
もちろん、バイナリーオプションの初心者でもMACDの正しい使い方をマスターするだけでだましは回避できます。
MACDでだましが発生しても対処できるようになると、今まで損していたMACDのだましを反対に大きな利益に変えることができますよね!
この記事では、MACDの使い方がよくわからない、だましによく引っかかるなどというお悩みをお持ちの投資初心者の方に向けて、今日からでも使えるMACDのだましの回避法と実践テクニックについて解説します。

MACDとは

MACDとは、「Moving Aberage Convergence / Divergence」の略で、日本語に訳すと「移動平均収束拡散法」と言います。
難しい名前がついていますが、簡単に説明すると移動平均線が収束(くっつく)したり拡散(広がる)するという意味です。
MACDは米国の著名なテクニカル分析家のジェラルド・アペルによって開発されました。
MACDの計算式はいたって簡単で「短期移動平均線の値-長期移動平均線の値=」だけです。

MACDは移動平均線の発展型

MACDは期間の異なる2本の移動平均線の幅や間隔、距離を示したインジケーターで、移動平均線の種類はサインが早く出るように(EMA)を採用していることが特徴です。
バイナリーオプション初心者の方にとってEMAは聞き慣れない用語と思います。
移動平均線の種類は3種類ありますが、必ず覚えておくべきはSMA(単純移動平均線)とEMA(指数平滑移動平均線)の2つです。
世界中で最も利用されているのはSMAで、仕組みは期間中の終値(おわりね)を単純に足して期間数で割って計算します。
ただし、SMAは期間中の全ての終値を足した平均値を出すのでラインの動きが滑らかになり売買サインの点灯が遅いという欠点があります。
最新の終値に比重を置くことでサインが遅いというSMAの欠点を改良したのがEMAです。
移動平均線はバイナリーオプションをするうえで基本中の基本ですので必ず覚えておきましょう。

MACDの構成

MACD

出典:auじぶん銀行

基本的にMACDは期間の異なる2本の移動平均線の差をとった「MACDライン」、MACDラインの値に対して引いた「シグナルライン」、MACDラインとシグナルラインとの差・距離を示す「ヒストグラム」の2本のラインと棒グラフで構成されています。

なお、MACDをヒストグラム表示し、そこにシグナルラインを表示しただけの1本ラインと棒グラフのチャートソフトもありますが使い方は同じです。

MACDの構成

MACDライン:期間の異なる2本の移動平均線の差をとった

シグナルライン:MACDラインの値に対して引いた

ヒストグラム:MACDラインとシグナルライン2本のラインと棒グラフ

 

MACDの基本的な使い方と見方

MACDはその計算方法と仕組みにより一定の使い方が決まっています。

というのも、MACDが中央の0ライン(0.00)より上にあるときは、短期移動平均線が長期移動平均線より上にあり、0ラインより下にあるときはその逆です。

MACDを使う現役プロトレーダーも意識しているMACDの基本的な使い方と見方
MACDラインが0ラインよりのときは上昇トレンド(買い目線)
MACDラインが0ラインよりのときは下降トレンド(売り目線)
MACDラインが上昇しているときは買いの勢いが強い(買い目線)
MACDラインが下落しているときは売りの勢いが強い(売り目線)
2本のラインの0ライン超え・割れでトレンド転換(逆張り目線)

そして、MACDの一般的なエントリーサインとされているのが「MACDラインとシグナルラインのクロス」です。
ラインのクロスには2種類があり、MACDラインがシグナルラインを下から上にクロスすることを「ゴールデンクロス」、上から下へのクロスを「デットクロス」といいます。

バイナリーオプションでMACDの実践的な使い方

MACDを使うときに重要なのは、MACDの特性である「MACDはレンジ相場に強くトレンド相場に弱い」ことを頭に入れておくことです!

MACDのだましの要因はこれで、持ち合い(レンジ)相場のときは機能していたやり方だとしてもトレンド発生時も同じやり方をしては勝てません。

ハイロー仙人
ハイロー仙人
持ち合い相場とは、相場が大きく動かず一定幅を推移している状態のことじゃ

MACDで勝つには、持ち合い相場とトレンド相場でMACDの使い方を変えることがポイントです!

持ち合い相場のときは基本的な使い方だけで勝てる!

MACDの利点でもあるシグナル点灯の早さは、チャートに表示している移動平均線自体のクロスよりも圧倒的に早いです。

そのため、MACDはレートがキレイに上下動を続けているような持ち合い相場のときは、天井圏と底圏を的確に教えてくれます。

実際に、MACDとシグナルのクロスという基本戦術を得意とし、稼ぎ続けている投資家も大勢います。

持ち合い相場のときはMACDの傾きや位置、クロスを意識した取り引きをすることで勝率が上がります。

トレンド相場時のMACDの使い方

トレンド相場時のMACDの使い方はトレンドの方向に絞ってエントリーします。

上昇トレンド時=ゴールデンクロスだけに絞った押し目買い、デットクロスで利益確定
下降トレンド時=デットクロスだけに絞った戻り売り、ゴールデンクロスで利益確定

単にMACDがクロスしたからという理由だけで無謀な逆張りは絶対にしてはいけません。

トレンドが発生しているときはトレンドフォローに徹するほうが確実に勝率は上がります。

MACDのだまし回避法

MACDではダイバージェンスという売買シグナルも有名です。

ダイバージェンス

上昇トレンドにおいて価格が高値を更新しているのにMACDラインは切り下げが発生している状態

下降トレンドにおいて価格が高値・安値を切り下げているのにMACDラインは切り上げが発生している状態

基本的にダイバージェンスが発生すると相場の勢いが衰えたと判断します。

ただし、ダイバージェンスが発生したからといってもトレンド転換するかはわかりません。

再び弾みがついてもとのトレンドに帰路することもあります。

安全にトレンド転換を狙うならチャートパターンが完成してから

 

MACDのダイバージェンスはダマシが多いことで有名ですが、MACDのダイバージェンスを発見したからといってすぐにトレンド転換を狙ったトレードをするのは非常に危険です。

安易にトレンド転換を狙って勝負するより、天井圏や底圏でダブルトップやダブルボトム、トリプルトップ、トリプルボトムなどのチャートパターンが完成してからのほうが安全です。

チャート

出典:Zai FX!

MACDでダイバージェンスが発生したらトレンド転換すると判断するのではなく『トレンド転換するかも』と疑うようにしましょう。

MACDの設定を変えてだましを回避

MACDのデフォルト設定では「MACD12・26、シグナル9」が採用されています。

この設定だと、相場の勢いが弱まってMACDラインとシグナルラインの間隔が狭まったときにだましのサインが多く発生。

サインは少し遅くなりますが、MACDの期間設定をMACD25・75、シグナル9に変えることで、ラインの角度が滑らかになり中長期的な相場に対応できるようにるでしょう。

この設定ではMACDラインとシグナルラインのクロスが頻繁に起こらないのでだましが少ないというメリットがあります。

さらに、中長期的な相場の天底を的確に教えてくれますで、その後の戦略に大いに役立ちますよ!

バイナリーオプションで儲けるためには業者選びが重要!

バイナリーオプションで儲けるためには業者選びがとても重要です。

というのも、現在の国内のバイナリーオプション業者は金融庁による規制で稼ぐことはかなり難しいのが実情です。

これから長くバイナリーオプションと付き合っていくわけですから、きちんと稼げる業者を選ばなければいけません。

バイナリーオプションの初心者にオススメなのは、シンプルな取り引きとキャッシュバックが充実しているハイローオーストラリア(highlow)です。

バイナリーオプションの口座はいくら作っても構いませんし、ハイローオーストラリアは投資初心者から上級者まで幅広く人気がありますので検討してみる価値は十分にあります。

まとめ

この記事では、バイナリーオプションでMACDのだましの回避法と正しい使い方について解説しました。

MACDを使うときのポイント

MACDの仕組みと使い方をマスターすることの重要性

MACDの的確なエントリーポイントの確認

MACDのだましに対処して大きな利益にする

MACDはバイナリーオプションの定番分析ツールとして、初心者から上級者まで幅広く利用されています。

バイナリーオプション初心者はオシレーターを使い切れていないがために多くの失敗をしてしまいますが、実践的な使い方を理解できればMACDのだましの多くは回避できます。

反対にだましをチャンスにすることも可能です。
ただし、いくら頭の中でMACDの使い方を覚えても実践で練習しないと意味がありません。
まずは低リスで始められるハイローオーストラリアを利用してMACDを極めてみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
ハイロー仙人
当サイトで、ハイローオーストラリアの取引に関する情報をお届けしています。 勝った情報も負けた情報も是非参考にして下さい。 管理人が一押しするハイローオーストラリアの公式サイトはコチラです。 公式サイト:ハイローオーストラリア 僕のサイト:http://binaryoption-report.com/