必勝攻略法

経済指標を利用しバイナリーオプションで稼ぐ方法!勝ち方や注意点を解説

経済指標
ハイロー仙人
ハイロー仙人
皆の者、元気にしとるか?ハイロー仙人じゃ。
今回は、バイナリーオプションにおける経済指標の重要さについて詳しく解説していくぞ。

経済指標を利用したバイナリーオプション取引で勝てない、攻略法が分からないと悩んでいる方はとても多いです。

世界各国の経済指標をすべて網羅するのは大変で、取引に有効な経済指標はどれなのか、バイナリーオプション初心者には判断が難しいですよね。

そこで今回は、数ある経済指標の中で取引に重要な指標を厳選し、経済指標を利用して稼ぐ方法や具体的なエントリー方法をご紹介します。

実際に取引に生かせる具体的な方法を解説していきますので、早速詳しい内容を見ていきましょう。

[su_button url=”https://binaryoption-report.com/highlow” target=”blank” style=”3d” background=”#1dcd00″ size=”5″ center=”yes” radius=”round” icon=”icon: play”]ハイローオーストラリアの公式サイトはこちら[/su_button]

バイナリーオプション取引でなぜ経済指標が重要視されるのか

まず、経済指標とは何か確認していきましょう。

経済指標とは、世界各国の中央省庁や政府によって発表される、国の景気を計れる数値を指します。
経済は、景気や物価などの様々な要因から成り立っています。

これらを数値化したものが経済指標です。
つまり、経済指標を見ることでその国の経済の状況を把握できます。

次に、バイナリーオプションで経済指標が重要視される理由を解説していきます。

なぜ経済指標を見るのかというと、各国の経済状況は株式だけではなく、相場にも影響を与えるからです。
バイナリーオプションでは、相場の上下を予測してエントリーし、予測が当たれば利益になります。

つまり、予測の正確性を高めるには、経済指標も考慮し相場の動きを予想するのが必要なのです。

経済指標とは、世界各国の中央省庁や政府によって発表される、国の景気を計れる数値。

経済指標を使ったバイナリーオプション取引は初心者は避けるべき

経済指標は相場を大きく動かすとわかったかと思います。
しかし、初心者のうちは経済指標を使ったバイナリーオプションは避けるべきです。

なぜなら、経済指標を使った取引は初心者には困難だからです。
詳しい理由から、経済指標を確認する必要性の有無まで解説していきます。

経済指標発表後の相場予想は初心者には難しい

なぜ経済指標を使ったバイナリーオプション取引を避けるべきかというと、経済指標発表後の相場は予想通りに動かないからです。

経済指標が発表されると、仮に予測通りの経済指標が発表されたとしても、相場は荒れる傾向にあります。
そのため、相場を予測するのはとても難しいです。

予測が難しい相場でバイナリーオプション取引で利益を上げるのは困難です。
初心者はエントリーすべきではありません。

初心者はテクニカル分析から覚える方がいい

初心者は経済指標を考慮しないテクニカル分析から覚えるのが良いです。
ここでは、為替相場の分析方法を2つに分類して説明していきます。

1つ目は、テクニカル分析(相場分析)です。
テクニカル分析では、チャートの波形から相場を予測します。

2つ目は、ファンダメンタル分析(経済分析)です。
ファンダメンタル分析では、経済指標や世界情勢から相場を予測します。

一般的に、テクニカル分析は短期予測に向いていて、ファンダメンタル分析は長期予測に向いています。
また、バイナリーオプションは超短期のトレードのため、テクニカル分析を使って相場を予測します。

つまり、バイナリーオプション取引で勝ちたいのであれば、テクニカル分析から覚えて、経済指標の影響の少ないときに取引をするほうが良いです。

テクニカル分析ができれば経済指標は気にしなくていいのか?

バイナリーオプション取引ではテクニカル分析から覚えることをおすすめしました。
このテクニカル分析では、チャートの波形から相場を予測するため、経済指標は考慮していません。

テクニカル分析ができれば経済指標は気にしなくても良いかというと、そうではありません。
なぜなら、先程触れたように、経済指標によって相場は大きく変動するからです。

経済指標に合わせた取引をする必要はありませんが、経済指標の発表により相場が予測外の動きをする可能性を考慮すべきです。

相場に大きく影響を与える重要な経済指標については、発表される日時などを把握しておくとリスク回避できます。
そのため、重要な経済指標は確認する癖をつけておきましょう。

バイナリーオプション取引で重要な経済指標

経済指標は世界各国で様々なものが発表されてますが、バイナリーオプション取引で重要視される経済指標は限られています。

ここでは、相場に大きな影響を及ぼす可能性のある指標を5つお伝えします。

米国・雇用統計

米国・雇用統計とは、米国労働省から発表される経済指標です。
雇用情勢から米国の景気動向がわかるため、多くの投資家が注目している重要な指標です。

発表日:毎月第一金曜日。
発表時間:夏が日本時間の21:30、冬が日本時間の22:30。

米国・雇用統計では、とくに「失業者数」と「非農業部門就業者数」が大きく相場に影響を与えます。
この2つの項目に注目して、発表値を確認しましょう。

政策金利(FRP、ECB、日銀、BOなど)

政策金利とは、各国の中央銀行が金融機関に融資する際に適用される金利です。

景気が良いときには金利を高く、景気が悪いときには金利を低くすれば、景気や物価を安定させられます。
そのため、政策金利をチェックすると、その国の経済状況を確認できます。

発表日:約6週間ごとに年8回
発表時間:夏が日本時間の3:15、冬が4:15。

とくに、世界経済の中心である米国のFOMCの発表は、大きく相場に影響を与えます。
指数と会見の内容に着目して、相場の値動きを確認しましょう。

消費者物価指数(CPI)

消費者物価指数とは、消費者が購入するモノの価格の水準を示したものです。
消費者物価指数を確認すれば、各国のインフレ率を分析できます。

発表日:毎月15日前後
発表時間:夏が日本時間21:30、冬が日本時間22:30。

米国の消費者物価指数は、為替相場に大きく影響を与えます。
例えば、消費者物価指数が上がったときはインフレが加速したと示すので、相場は値上がりを起こす傾向があります。

国内総生産(GDP)

国内総生産とは、一定期間で国内に生み出された付加価値を合計したものを指します。
国内総生産を確認すると、各国の経済成長の度合いを見極められます。

発表日通常、四半期に一回(国によって異なる。)
発表時間:国によって異なる。

GDPの数値は「速報値」「改定値」「確定値」の順に3回発表されます。
特に、「速報値」が相場に大きく影響を与えるので注意しましょう。

小売売上高

小売売上高とは、各国の小売やサービス業の売上高を抽出して集計したものです。
とくに、米国はGDPの構成比率のおよそ70%を個人消費が占めるため、経済動向を知れる指標として知られています。

ここでは、とくに注目されている米国の小売売上高の発表スケジュールについてお伝えします。

発表日:毎月中旬。
発表時間:夏が日本時間の21:30、冬が22:30。

とくに、米国ではホリデーシーズンはプレゼントの購入が多く売上高が伸びやすいです。
そのため、11月、12月の米国の小売売上高の結果は注目すべきです。

経済指標の見方

実際に経済指標が発表されたあとは何を見ればいいのか、ポイントを解説していきます。

以下画像はアメリカの雇用統計のデータです。

雇用統計1

出典:みんかぶFX

指標の数値が前回・予想・結果の順に表記されていますよね。

前回:85.0万人

予想:87.0万人

結果:94.3万人

今回は前回とくらべると雇用が9.3万人増えています。(85.0万人→94.3万人)

この数値からわかるのは、先月にくらべて米国の雇用が増えて景気が良くなったことをあらわしています。

経済が回っている→ドルが買われる→対ドルの価格が上がる

米国の経済指標は世界経済に大きな影響をあたえるため、雇用統計はかならず確認して取引に生かしましょう。

経済指標の発表前後に避けるべきこと

経済指標が発表されるときには、相場が荒れるため注意が必要です。
ここでは、経済指標が発表される前にすべきことを2点ご紹介します。

発表前1時間は相場が荒れるので手を出さない

1つ目に注意すべき点は、経済指標が発表される1時間前から取引をしないことです。
なぜなら、発表前は大口のポジション調整などが出やすく、相場が荒れる傾向にあるからです。

具体的に確認していきましょう。
プロトレーダーは、できるだけリスクを避けるためにポジションを軽くする動きをします。

これは、経済指標の発表によって、それまでの上昇トレンドが下降トレンドに変化する恐れがあるからです。
そのリスクを軽減するために、プロトレーダーは経済指標発表前に買いポジションを決算してリスクに備える場合が多いです。

このように、経済指標発表前は、経済指標の内容に関わらず、個人の思惑などによってチャートが不安定となります。
不可解な動きのため予測も難しいので、取引は控えておくほうが良いです。

経済指標発表後の早すぎる値動きは約定拒否されるためスルー

2つ目は経済指標発表後の注意点で、早すぎる値動きはスルーしましょう。
経済指標発表後の値動きは普段よりも早いため約定拒否されてしまいます。

一瞬で購入価格が変動するため、約定拒否となり狙ったタイミングで購入自体ができない場合があります。
そのため、早すぎる値動きは手を出さない方が良いでしょう。

なお、約定拒否を避けるためには、約定率の高い業者で取引するのが重要です。
そのため、約定率の高いハイローオーストラリアを利用するのが良いでしょう。

[su_button url=”https://binaryoption-report.com/highlow” target=”blank” style=”3d” background=”#1dcd00″ size=”5″ center=”yes” radius=”round” icon=”icon: play”]ハイローオーストラリアの公式サイトはこちら[/su_button]

経済指標で稼ぐコツ&攻略法

最後に、経済指標発表後のバイナリーオプション取引の攻略法を解説します。
本記事では、3つの攻略法をお伝えしていきます。

経済指標の事前予測値と過去データを比較しておく

もし経済指標の発表前に取引をするのであれば、経済指標の事前予測値と過去データを比較しましょう。
これらの数値をもとにエントリーの方向性を考えれば、正確な予測をできるからです。

情報サイトなどを参照すれば、世界各国の経済指標の「事前予測値」と「前回の数値」が公開されています。
この2つの数値を比較すれば、発表直後にどのような値動きが起こるのか予測できます。

予測値が良好な数値になっているなら、相場は上がると考えられるのでHIGHエントリーをするのが良いでしょう。

逆に、悪くなっているのであればLOWエントリーするのが良いでしょう。

ただし、事前予測値はあくまで予測です。
想定外の経済指標が発表される場合もあるので、取引のリスクは非常に高いです。

そのため、掛け金は少なめに設定しておくのをおすすめします。

経済指標発表した直後の反発狙い

経済指標発表した直後の反発を狙うことです。
経済指標の発表は相場に大きく影響を与えるため、うまく利用できれば利益を上げられます。

また、反発を狙う方法であれば、移動平均線などのテクニカル分析も応用できるため、落ち着いて臨めば勝てる可能性があります。
経済指標の発表後、発表内容を確認した上で、チャートが落ち着いた後の第2波、第3波を狙うのがおすすめです。

失望買い・失望売りは要注意

失望買い・失望売りに注意しましょう。
なぜなら、自分の予測とは反対方向に相場が動く場合があるからです。

失望買いとは、予想に反して経済指標の発表値が悪かったときに買われることを指します。
同じように、失望売りとは、予想に反して発表値が悪かったときに売られることを指します。

単に発表された数字が良かったから取引をすると、失望買い・失望売りによって損をするので注意しましょう。
また、予想値と発表値の際にも注目するのが大切です。

 

まとめ:経済発表を利用したバイナリーオプション取引は中級者向き

この記事のまとめ

経済指標発表後の相場は予想するのが難しい
初心者はテクニカル分析で経済指標発表前後は取引を控えたほうが良い
経済指標発表を利用してバイナリーオプション取引するのには、反発買いなどの攻略法がある

本記事では、経済指標を使ったバイナリーオプション取引で勝てない理由を解説してきました。

経済指標を利用したバイナリーオプション取引をする場合には、約定率の高い業者で取引するのが重要です。
そのため、約定率の高いハイローオーストラリアを利用してみてはいかがでしょうか。

デモ取引
ハイローオーストラリアのデモ取引の始め方!デモができない時の対処法ハイローオーストラリアで取引を始める際に一番重要なのは、デモ取引でしっかり練習することです。 ハイローオーストラリアのデモ取引は、自分の資金を使わず実際のバイナリーオプション取引と似た環境で取引が体験できる機能。 いきなり自分の資金を使って取引するのに不安を感じている方は、ぜひデモ取引から始めていきましょう。...

[su_button url=”https://binaryoption-report.com/highlow” target=”blank” style=”3d” background=”#1dcd00″ size=”5″ center=”yes” radius=”round” icon=”icon: play”]ハイローオーストラリアの公式サイトはこちら[/su_button]

ABOUT ME
ハイロー仙人
当サイトで、ハイローオーストラリアの取引に関する情報をお届けしています。 勝った情報も負けた情報も是非参考にして下さい。 管理人が一押しするハイローオーストラリアの公式サイトはコチラです。 公式サイト:ハイローオーストラリア 僕のサイト:http://binaryoption-report.com/