必勝攻略法

バイナリーオプションで勝てる最強インジケーター6選!【初心者必見】

最強インジケーター
この記事でわかること

人気のあるインジケーター
インジケーターの使い方
インジケーターの組み合わせ

ハイロー仙人
ハイロー仙人
皆の者、元気にしとるか?ハイロー仙人じゃ。
今回は、最強のインジケーターについて詳しく解説していくぞ。

バイナリーオプションでインジケーターについて勉強していると「最強インジケーター」は何なのか気になりますよね。
バイナリーオプションで勝つために最強インジケーターを使いたい・極めたいと考えているトレーダーはたくさんいます。
どのインジケーターにも一長一短ありますが、特に機能しやすいインジケーターが存在するのも事実です。
この記事では、バイナリーオプションで勝てる最強インジケーターについて解説します。

移動平均線はテクニカル分析の基本!トレンド系指標

移動平均線は古くから使われていた指標で、米国のアナリストのジョゼフ・e・グランビルが移動平均線の究極の使い方をまとめた「グランビルの法則」を出版したことでも有名です。
移動平均線が意味するのは設定期間において売買取引が成立した価格の平均値です。
平均が上を向いているのか下を向いているのかでトレンドの方向性を予測し、傾きにより相場の勢いを判断します。

「チャート分析は移動平均線に始まり移動平均線に終わる」という相場格言があるように、移動平均線は現在の相場がどちらの方向に進もうとしているのか、相場の意向を示すための非常に重要なツールです。

機関投資家やファンドディーラー、プロトレーダーの多くは移動平均線のみ表示したシンプルなチャートに落ち着くことが非常に多いため、移動平均線がチャート分析の最強ツールと言っても過言ではありません。

移動平均線の鉄板手法について詳しく知りたいという方はこちらをご覧下さい。

BO移動平均線
バイナリーオプションは移動平均線だけで勝てる!すぐ使える鉄板手法 バイナリーオプションで移動平均線はプロの投資家も注目している指標(エントリーの目印)ですのでチャート分析をする際の強い味方に...

移動平均線の進化版macd(トレンド系指標)

macdは単純移動平均線(sma)と指数平滑移動平均線(ema)をベースにしており、買われすぎや売られすぎを判断する一般的なオシレータ系指標とは一線を画すのがmacdです。

移動平均線は性質上くっついては離れるを繰り返します。

macdは中長期の移動平均線を用いて短期の移動平均線を差し引きし、移動平均線の乖離を表示するインジケーターで、移動平均線収束拡散法とも言われています。

macdを使うことでトレンドの方向性や勢い、相場の転換点を判断できますので非常に人気のあるインジケーターです。

バイナリーオプションでmacdを使った戦略でも有名なのはゴールデンクロス(短期移動平均線が中長期移動平均線を下から上に突き抜けたとき)とデッドクロス(ゴールデンクロスの逆)を狙ったエントリーです。

ただし、macdはだまし(インジケーターで売買サインが出たのに相場は逆方向に進むこと)が発生することがあります。

macdのだましについて詳しく知りたいという方はこちらをご確認ください。

MACD
【バイナリーオプション】MACDのだまし回避法と実践テクニック バイナリーオプションでMACDを使っている方の中には、MACDを使うことで勝ちやすくなったのは確かだけど(だまし)でよく負け...

日本が誇る一目均衡表(トレンド系指標)

一目均衡表は、日本の株評論家である細田悟一氏(通称:一目山人)が考案した日本が世界に誇るテクニカル指標です。

一目均衡表は転換線や雲といった独自のロジックが組み込まれている相場の方向性や転換点を示すインジケーター。

手法は条件が3つ揃った状態で強い買いシグナルが点灯する「三役好転」、その逆で強い売りシグナルが点灯する「三役逆転」が有名です。

一目均衡表は5本の線で構成されているため初心者のうちは難しく感じてしまうことも多いですが、一目均衡表を極めれば間違いなく強い武器になります.

一目均衡表をマスターしたいという方はこちらをご確認ください。

バイナリーオプション一目均衡表
バイナリーオプションは一目均衡表をマスターすれば完勝できる! バイナリーオプションで一目均衡表を表示しているけど、いろんな線があって使いこなすのが難しいと感じている方も多いのではないです...

オシレーター系は組み合わせることで威力を発揮

オシレータ系指標とは買われ過ぎや売られすぎを示すもので、たとえ人気のあるオシレータ系のインジケーターでも単体では威力を発揮できません。

また、相場には横ばい、上昇、下降のトレンドがあるように、各指標ごとに機能しやすい相場がありますので使いたい指標はどんな相場に強いかを確認しておく必要があります。

トレンドの勢いや方向性、利益確定、損切りこれらのポイントを教えてくれるのがオシレータ系指標。

サブウインドウに表示されるオシレータ系指標はテクニカル分析の補助ツールとして使うことが一般的です。

さらに、インジケーターは世界中で使っている投資家が多いほど機能するため、人気のあるオシレータ系指標の中から選択することが重要です。

RSI(オシレータ系指標)

オシレータ系指標を代表するrsiは世界中で絶大な人気を誇っています。
基本的なRSIの見方は80%を超えると買われすぎ20%を割ると売られすぎと判断しますが、

RSIが超え買われ過ぎゾーンに突入したとしても、これ以上相場は上がらない(買われない)わけではありません。

さらに需給が高まりエントリー方向とは逆のトレンドが発生する可能性があります。

一目均衡表について詳しく知りたいという方はこちらをご確認ください。

RSI
バイナリーオプション|RSIの実践的な使い方と期待値のある手法解説 バイナリーオプションのインジケーターの中でもRSIは特に人気があります。 ただし、RSIを使ってバイナリーオプションで勝つ...

ストキャスティクス(オシレータ系指標)

ストキャスティクスは基準となる「%k」と%kを平均化した「%d」の2本の線で構成されています。

ストキャスティクスが示す買われすぎ・売られすぎ水準に到達した後に2本の線がゴールデンクロス・デッドクロスするときが基本的なエントリーポイントとして広く知られています。

ストキャスティクスは2本の線が表示されているため、トレンドが発生するとだましのクロスが多く出現します。

ストキャスティクスについて詳しく知りたい方はこちらご確認ください。

ストキャスティクス
ストキャスティクスを使いバイナリーオプション完勝!期待値の高い手法を公開 買われすぎや売られすぎがひと目で分かるストキャスティクスはバイナリーオプションでも特に人気の指標です。 しかし、バイナ...

CCI(オシレータ系指標)

「相場の値動きには一定のサイクルがある」を基本としたcciの基本的な使い方は他のオシレーター系指標とほぼ同じですが、他のオシレータ系指標との大きな違いは上限・下限が設定されていないことです。

そのため、cciは買われすぎ・売られすぎ水準の±100を大きく超えることも多いです。

どのオシレータ系指標も万能ではありませんので、特徴や各場面に対する優位性をよく理解した上で使いましょう。

CCIについて詳しく知りたい方はこちらご確認ください。

CCI
バイナリーオプション|投資初心者でも実践できるCCIを使った実践テクニック バイナリーオプションでCCI(買われすぎ・売られすぎを判断する指標)の使い方がわからない。 CCIを使ってみたけど、勝...

使う業者を選ぶこともバイナリーオプションで設けるために重要!

知識や技術を習得したとしても最大限に生かせる環境でなければ成功までの道のりも長くなってしまいます。

ご存じの方も多いと思いますが、ハイ・ロー取引の禁止やペイアウト率の低さなど現在の規制だらけの国内バイナリーオプションで稼ぎ続けることは決して容易いことではありません。

バイナリーオプションをするなら必ず海外バイナリーオプション業者を選ぶ必要があります。
海外バイナリーオプション業者の中でも特におすすめは業界ランキング1位のハイローオーストラリア(high low)です!

ハイローオーストラリアはペイアウト率が高いうえに日本語サポートがあるため日本人トレーダーに人気の業者です。

さらに、現在は期間限定のキャッシュバックボーナスを開催していますので、ハイローオーストラリアの口座開設がまだの方は是非この機会に口座開設を済ませてボーナスをゲットしてください!

まとめ

この記事では、バイナリーオプションで勝てる最強インジケーターについて解説しました。

この記事のまとめ

インジケーターはどれも万能ではない

オシレータ系指標は補助ツールとして使う

インジケーターの組み合わせで分析力が上がる

間違えた使い方をそのまま実践し長く苦労する方多いものオシレータ系指標の特徴ですが、当サイトをよく読み注意点を理解しておけば怖いものはありません。

初心者におすすめのインジケーターは世界中のプロも愛用する移動平均線+今回紹介したオシレータ系指標のいずれかです!

是非、ハイローオーストラリア+MT4で実践してみてください!

ABOUT ME
ハイロー仙人
当サイトで、ハイローオーストラリアの取引に関する情報をお届けしています。 勝った情報も負けた情報も是非参考にして下さい。 管理人が一押しするハイローオーストラリアの公式サイトはコチラです。 公式サイト:ハイローオーストラリア 僕のサイト:http://binaryoption-report.com/