初心者

バイナリーオプションとFXの違いを比較!初心者はどちらがおすすめ?

この記事でわかること

バイナリーオプションとFXの違い

初心者にバイナリーオプションがおすすめな理由

バイナリーオプションとFXでは、どちらが稼ぎやすいのか?

バイナリーオプションとFX、どちらも為替取引だけど何が違うのか、疑問に思っている方も多いかと思います。

似ているようで異なるバイナリーオプションとFXの特徴やメリット・デメリット、どちらが稼ぎやすいのかについて詳しくご紹介していきます。

これから為替取引を始める初心者の方は、ぜひご覧いただき今後の投資の参考にしてください。

バイナリーオプションとFX

バイナリーオプションとFXは、どちらも外国為替の価格変動を利用した取引です。

しかし、バイナリーオプションとFXには、「取引のタイミング」や「発生する利益と損失額」などに大きな違いがあるため、これから取引を始めようとする投資初心者の方は注意が必要。

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションとは、為替取引で用いられる投資方法の一つです。

数秒後、数分後の為替レートが、「上がるか」・「下がるか」を予想し、その後の値動きに応じて、利益もしくは損失が確定します。

例:1ドル=110円」の時に、価格が上昇すると予想を立る。

取引終了後「1ドル=110.2円」なら、投資額が約2倍(=勝ち)

「109.98円」になってしまった場合は、投資額がすべて失われる(=負け)

バイナリーオプションはエントリーした後の値動きを当てることができれば、投資額を「1.6倍~2.4倍」に増やすことが可能。

しかし、予想を外してしまうと、投資額をすべて失ってしまうため、注意が必要です。

FXとは?

FXとは、「Foreign Exchange」の略称で、日本では、「外国為替証拠取引」とも呼ばれています。

日本円で、外貨(ドルやユーロなど)を買ったり売ったりして、その買値と売値の差益によって利益を狙う取引です。

例えば、アメリカに行く際に、日本円を「1ドル=100円」で、米ドルに交換したとします。

帰国後、米ドルを日本円に戻す際に、為替レートが「1ドル=105円」になっていた場合、「1ドル=5円」の利益を得ることが可能です。

つまり、1,000ドルを交換した場合、5,000円(5円×1,000ドル)のお得になります。

株とバイナリーオプション、FXは何が違うの?

株とバイナリーオプション、FXの大きな違いは、「取引期間が決められている」ということです。

株とFXに関しては、取引期間の制限なく自由に売買や決済を行うことが可能。

しかし、バイナリーオプションの場合は、バイナリーオプション業者の定めた取引時間内での売買や決済のみが認められているのです。

また、株とFXは、購入した金額分に加え、追加で損失が発生する場合があるので注意が必要。

ハイロー仙人
ハイロー仙人
バイナリーオプションは、購入した金額以上に損失が発生することはないんじゃよ。

バイナリーオプションとFXの違いを徹底比較

バイナリーオプションとFXは、どちらも為替チャートを利用し、価格が上がるか・下がるかを予想する取引です。

一見似ているように思われますが、「取引できる金額」「利益・損失」には、大きな違いがあります。

バイナリーオプションとFXの具体的な違いは、以下の6つです。

  1. 倍率(レバレッジ)
  2. 判定時間
  3. 掛け金
  4. 取引手数料
  5. 追証(借金)
  6. 利益と損失の金額

下記では、上記6つの違いについて、詳しくご紹介していきます。

バイナリーとFXの違い①倍率(レバレッジ)取引

レバレッジとは、手元にある資金以上の金額で取引する方法のことです。

たとえば、「1ドル=100円」の時点で、2.5万ドル(250万円)の取引を行うには、当然2.5万ドル分の資金が必要となります。

しかし、レバレッジをかけることで、1,000ドル(10万円)分の資金で、2.5万ドル分の取引を行うことが可能です。

バイナリーオプションでは、レバレッジをかけることができないため、手元にある資金以上での取引を行うことができません。

しかし、FXでは、レバレッジを利用した取引を行うことが可能です。

国内FX業者で「最大25倍」、海外FX業者で「最大1,000倍」までのレバレッジをかけることができます。

バイナリーとFXの違い②判定時間

バイナリーオプションとは、規定の時間が経った時点で、エントリー時よりも価格が上がっているか・下がっているかを予想する投資法です。

たとえば、「1ドル=100円」の時点で、10分後に価格が上がるか・下がるかを予想します。つまり、エントリーする段階で、決済する時間も決まってしまうのです。

その点、FXには判定時間がないため、エントリー後に、自分で決済するポイントを決めることができます。

つまり、今後の価格が上がるか下がるかを当てるだけで、利益につなげることが可能です。

バイナリーとFXの違い③掛け金

バイナリーオプションの場合、1回のエントリーで、1,000円~20万円の資金を掛けることができます。

20万円で、複数回エントリーすることで、最大500万円までの取引も可能。

また、FXの場合は、掛け金が「通貨単位」となっています。業者によって異なりますが、最低で1,000通貨、最大で500万~1,000万通貨の取引が可能となるケースが多いです。

たとえば、「1ドル=100円」の時点で、1,000通貨と1,000万通貨で、それぞれ取引を行ったとします。

1,000通貨の場合は、「100円×1,000通貨=10万円」となり、1,000万通貨の場合は、「100円×1,000万通貨=10億円」となります。

バイナリーとFXの違い④取引手数料

バイナリーオプションには、取引手数料がありません。

その代わり、「ペイアウト率(取引の予想が当たった際の払い戻し額)」を下げることで、業者は利益を得ています。

バイナリーオプションは、価格が上がるか下がるかを予想するため、勝率は50%に見えますが実はちがいます。

ハイロー仙人
ハイロー仙人
勝率が50%だと、バイナリーオプション業者の儲けがないんじゃ

そのため、予想が当たった場合のペイアウト率を、2.0倍から1.7~1.9倍に設定しています。バイナリーオプション業者は、ペイアウト率が2.0倍に届かない分を、利益として得ているのです。

また、FXには、「取引手数料」と「スプレッド」の2種類があります。取引手数料は、1回の取引にかかる手数料のことで、スプレッドとは、買値と売値の差のことです。

たとえば、1ドルの買値が「100.003円」、売値が「100円」というような価格差がある場合、差額の「0.03円」が、FX業者の利益となります。

バイナリーとFXの違い⑤追証(借金)

バイナリーオプションで、予想が外れてしまった場合の損失は、取引時に使用した掛け金のみです。

しかし、FXの場合は、エントリー時の価格から離れれば離れるほど、損失が大きくなってしまいます。そのため、急激な値動きの発生により、資金の大半を失ってしまうこともあるでしょう。

また、国内FX業者の場合、「追証」という、借金を背負ってしまうリスクもあります。FXは、自分で決済のタイミングを決めることができるので、損失が少ない時点で決済を行うのも一つの手でしょう。

バイナリーとFXの違い⑥利益と損失の金額

バイナリーオプションでは、エントリーした時点で、利益と損失が決まっています。

予想が当たれば、掛け金の1.7倍~1.9倍の利益を得ることができますが、予想が外れれば、掛け金をすべて失ってしまうので、注意が必要です。

また、FXの場合は、エントリー後に、自身が決済した価格によって、利益または損失が決まります。

レバレッジが高ければ高いほど、より多くの利益を狙うことができますが、その分多くの損失を出してしまう可能性もあるため、注意が必要です。

バイナリーオプションとFXのメリット・デメリット

バイナリーオプションは、損失が決まっている分、資金を増やすには、ある程度の勝率が必要となります。

また、FXは、勝率が低くても資金を増やせる可能性が高いものの、場合によっては多くの損失を出してしまう場合もあるでしょう。

バイナリーオプションとFXのメリット・デメリットについて解説していきます。

バイナリーオプションのメリット

バイナリーオプションには、以下4つのメリットがあります。

少額からの取引が可能で、大きな利益を狙いやすい
短時間で、利益を得ることができる
少しでも予想した方向に価格が進むだけで、利益を得ることができる
万が一、取引の結果が外れてしまっても、掛け金以外の損失を出さない

バイナリーオプションは、FXよりも少ない金額で取引ができ、かつ短時間で利益を得ることが可能です。

また、FXのように、掛け金以外の損失を出すこともないので、安心して取引を行うことができます。

バイナリーオプションのデメリット

バイナリーオプションのデメリットは、以下の3つです。

短期取引は手を出しやすい
掛け金をすべて失うリスクがある。
ビギナーズラックで勝てるため分析がおろそかになる

バイナリーオプションは最短30秒から取引が可能なため、勝敗がすぐ決定するため何度もエントリーしたくなるギャンブル的な要素が隠れています。

負けたらエントリー金額は全て失ってしまうため、負けた分を取り戻そうと熱量が上がりやすい点がデメリットと言えます。

バイナリーオプションは上がるか、下がるかを予想するだけなのでチャート分析せず運だけで勝ててしまいます。

ハイロー仙人
ハイロー仙人
分析のない取引は単なるギャンブルじゃよ

FXのメリット

FXのメリットは、以下の2つです。

少ない資金で、たくさんのお金を取引できる
エントリーと同時に、利確と損切りの注文を行うことができる

FXでは取引を行う際にレバレッジをかけることができるため、少ない資金で多くの資金取引が可能。

また、FXではエントリーと同時に、決済のタイミングを自由に決めることができます。

そのため、1回の取引で、掛け金を何倍、何十倍に増やしたり、損失を大幅に抑えることが最大のメリットと言えるでしょう。

FXのデメリット

FXのデメリットは、以下の3つです。

レバレッジが原因で、大きな損失を出す可能性が高まる
チャートを見ていない間に、損失をしてしまう可能性がある
為替レートの変動が予測できない

FXでは、レバレッジをかけることで、多くの利益を得ることができる一方、多くの損失を出してしまう可能性もあるでしょう。

また、FXではチャートを見ていない間に、為替レートが急変し大きな損失を出してしまうケースもあるため、最悪の場合、資金をすべて失ってしまう可能性も考えられます。

初心者にバイナリーオプションがおすすめな理由

バイナリーオプションは、FXよりも少額で取引を始めることができるため、初心者の方におすすめです。

また、万が一負けてしまっても、掛け金以外の損失を出すことがないため、安心して取引を行うことができます。

ただし、1回1回の取引時間が短いため、資金管理をしっかりと行うようにしましょう。

もし、FXで取引したいのであれば、バイナリーオプションで少しずつスキルを身につけ、ある程度まとまった資金ができたら、FXで取引を行うのがおすすめです。

バイナリーオプションとFXはどちらが稼ぎやすい?

バイナリーオプションとFXは、為替変動の大きさによって、それぞれ稼ぎやすさが変わります。

為替変動が大きいタイミングでは、値動きの大きさに応じて利益を得ることができる、FXの方が稼ぎやすいです。

反対に、為替変動が小さいタイミングでは、少しでも予想した方向に価格が進むだけで、利益を得ることができる、バイナリーオプションの方が稼ぎやすいといえます。

ただし、FXの場合は、為替変動が大きければ大きいほど、損失も大きくなっていくため、注意が必要です。

まとめ:投資初心者はFXよりバイナリーオプションがおすすめ

この記事のまとめ

バイナリーオプションとFXは、「取引できる金額」や「利益・損失」などが大きく異なる
バイナリーオプションは、掛け金以外の損失を出さないため、初心者におすすめ
バイナリーオプションとFXは、為替変動の大きさによって稼ぎやすさが変わる

バイナリーオプションは、FXよりも少ない資金で取引を始めることができるため、投資初心者の方におすすめです。

また、万が一負けても、掛け金以外の損失を出すことがないため、安心して取引を行うことができます。

ただし、バイナリーオプションの方が、FXよりも、1回1回の取引が短いため、資金管理をしっかりと行うようにしましょう。

ABOUT ME
ハイロー仙人
当サイトで、ハイローオーストラリアの取引に関する情報をお届けしています。 勝った情報も負けた情報も是非参考にして下さい。 管理人が一押しするハイローオーストラリアの公式サイトはコチラです。 公式サイト:ハイローオーストラリア 僕のサイト:http://binaryoption-report.com/