噂・評判

【悲報】規制だらけの国内バイナリーオプションってやる意味あるの?

バイナリーオプション規制
ハイロー仙人
ハイロー仙人
皆の者、元気にしとるか?ハイロー仙人じゃ。
今回は、バイナリーオプションの規制強化について詳しく解説していくぞ。

バイナリーオプション取引を始めてみよう!とおもい、情報を調べだすと、

「金融庁の規制により取引ができなくなる。」

「海外バイナリーオプション業者は無登録の詐欺業者だ!」

という意見を見かけます。

確かに、バイナリーオプション取引はギャンブル性が高く射幸心をあおるため、世界各国で取引を禁止する流れが強いです。

そして、短期間で大きな利益を出したい人にとっては国内バイナリーオプション業者を利用するメリットが実は少ないんです。

この記事では、バイナリーオプション規制の具体的な内容やバイナリオプションの将来予測、国内業者と海外業者どちらを選ぶべきなのかについて詳しく説明していきます。

バイナリーオプションを始めようか悩んでる人は、ぜひこの記事を読み判断材料にしてみてくださいね!

[su_button url=”https://binaryoption-report.com/highlow” target=”blank” style=”3d” background=”#1dcd00″ size=”5″ center=”yes” radius=”round” icon=”icon: play”]ハイローオーストラリアの公式サイトはこちら[/su_button]

国内バイナリーオプション取引の規制

日本では、バイナリーオプションの取引自体は禁止されていません。

GMOクリック証券やヒロセ通商などがバイナリーオプションの登録業者として、国内でサービスを展開しています。

しかし、海外バイナリーオプション取引で一番の人気を誇るハイローオーストラリアは、日本の金融庁に登録していないため無登録業者扱いです。

ハイローオーストラリアは、日本のバイナリーオプション取引の規制内容を満していないため、登録業者としてサービスを提供できないのです。

日本における具体的な規制の内容を見ていきましょう。

金融庁による規制内容

金融庁によるバイナリーオプションの主な規制は、以下6つ。

短期トレードの禁止

30秒や1分といった短期のトレードは認められておらず、エントリーから2時間経過しないと決済ができません。

よって、1日の最大取引可能回数は12回ということになります。

レンジ外の業者の総取りを廃止

バイナリーオプションは上がるか下がるかを予想する取引ですが、上がっても下がってもトレーダーが勝てないゾーンとして「レンジ外」が設定されていました。

判定時に為替がレンジ外に入ると業者の総取りとなっていましたが、現在はレンジ外の設定は認められていません。

2WAY方式による価格提示を義務化

売りと買いの2つの価格表示(2WAY)が義務化されています。
義務化される前は、1つの価格だけが表示されていました。

ペイアウト倍率の規制

規制前は予測が当たった時のペイアウト率は固定でしたが、規制後は変動制に変わりました。
難しい目標ラインを設定するほどペイアウト倍率が高くなり、易しい目標ラインを設定するとペイアウト倍率は低くなります。

口座開設時のテスト

バイナリーオプションの口座開設にあたり、基礎知識の確認テストが必要となりました。
20問程度の簡単なテストを行い、そのテストに合格すれば口座開設の手続きができます。

取引限度額の設定

規制により、損失限度額と購入限度額が設定されました。
トレーダーは、業者に対して年間の損失限度額の事前申告が必要です。

損失限度額に達した時点で業者からトレーダーに連絡が入り、取引が停止されます。

また、1日の購入限度額も業者ごとに決められているので、限度額を超えるとその日の取引は終わりです。

バイナリーオプション規制の法的根拠

「金融商品取引法」では、日本の居住者を対象にバイナリーオプション取引のサービスを提供する場合は、金融商品取引業の登録が必要と定められており、無登録業者は日本では営業できません。

登録業者になるためには、前述の規制内容が記されている「バイナリーオプション取引に関する規則」に則っていることが求められます。

しかし、実際は無登録業者でもインターネット経由で取引できるので、金融庁から注意喚起が出ているのが実情です。

バイナリーオプションの規制が強化された理由

日本ではバイナリーオプションにさまざまな規制が設けられています。

理由として、バイナリーオプションはギャンブル性が高く、依存症になる人を生みかねないとみなされているためです。

取引の仕組みがギャンブル化しやすいため、当局に警戒されたと思われます。

また、バイナリーオプション取引に対して世界的に規制の流れにあることも、日本での規制強化の要因と言えるでしょう。

ハイロー 撤退
【2021年】ハイローオーストラリア完全撤退!?潰れる・終了の噂は本当? ハイローオーストラリアの日本からの完全撤退の噂は何年も前から流れていて、「いつか取引ができなくなる。」と不安を抱えている...

各国におけるバイナリーオプション取引の規制

バイナリーオプション取引に対する規制は日本以外の国でも強まっており、バイナリーオプション禁止国は増加傾向。

各国における、バイナリーオプションの規制状況を見ていきましょう。

EUはバイナリーオプション取引は禁止

EU(欧州連合)では、バイナリーオプション取引自体が禁止されており、それに伴いEU加盟国でも多くの国ですでに取引が無期限で禁止されています。

まだ、完全に禁止されていない国もありますが、無期限禁止に向けて進んでいる状況です。

米国のバイナリーオプション規制は日本と同じ状況

アメリカは、日本と同じくバイナリーオプション取引自体は禁止しておらず、資格を持つ業者のみがサービスの提供を認められています。

厳しい規制はあるものの、ルールを守ってサービスを提供するのであれば問題ないというスタンスです。

その他の国も規制の流れが強い

カナダ、イスラエルなど、世界各国でバイナリーオプション取引は禁止されています。

これは、日本で規制が強まっている理由と同じで、ギャンブル性の高さが問題となっているからです。

バイナリーオプション取引をギャンブルにしないためには

日本を含め、世界各国でバイナリーオプション取引に対する規制が強まっているのは、ギャンブル性が高いとみなされているからです。

日本ではバイナリーオプション取引は禁止されていませんが、取引がギャンブルにならないようトレーダーは強く意識する必要があります。

では、バイナリーオプション取引をギャンブルではなく投資として継続するには、どうすればいいのか見ていきましょう。

自分の取引ルールを確立する

バイナリーオプションは投資なので、しっかりチャートを分析して自分なりのエントリーポイントを決める必要があります。

やみくもにエントリーするのであれば、ギャンブルと何も変わりません。

エントリーするタイミングなど、取引のルールを決めて確実に守ることが重要です。

負けることを受け入れる

いくらチャートを分析しても、バイナリーオプション取引で100%勝てることは決してありません。

特に、損失が続いたときに感情的になり資金を投入し続ければ、それこそギャンブルと同じです。

負けが続いたときに逆転を狙って無理なエントリーをするのではなく、負けが続いても自分が決めた取引のルールに従うメンタル管理が重要です。

バイナリーオプションのギャンブル的要素を排除するには、淡々と取引を継続できる、強いメンタルが求められます。

バイナリーオプション メンタル管理
誰も知らないバイナリーオプションのメンタル管理が超重要な理由5つ バイナリーオプションの必勝法はチャート分析などテクニカルな部分が重要視されていますが、じつはメンタル管理が大切なのはあまり知...

資金管理を確実に行う

バイナリーオプションはFXと違い取引口座に入金した以上の損失は生まれないため、資金管理はしやすいです。

ハイロー仙人
ハイロー仙人
口座の資金が底をついたら取引はできないからのぉ

しかし、30秒や1分取引のような超短期取引に次々とエントリーしてしまうと、あっという間に口座がすっからかんに。

1日の取引限度額や許容できる損失額をマイルールとして決め、資金管理を確実におこなえばギャンブルえはなく投資として継続できるでしょう。

バイナリーオプションの規制緩和はありえるのか?

2012年から始まった、金融庁のバイナリーオプション取引の規制強化。

今後、規制が緩和されることはあるのでしょうか?

ハイロー仙人
ハイロー仙人
結論は、NOじゃな。

理由として、バイナリーオプション関連の詐欺グループの増加と違法ツールの販売が相次ぐためです。

勝率98%!

3か月で1000万円稼いだ手法、教えます。

寝ている間に勝手に儲かる。

これらの行き過ぎた広告やSNS配信にだまされる初心者がいる限り、金融庁はバイナリーオプションの規制を緩めることはないでしょう。

弟子の鈴木
弟子の鈴木
じゃあバイナリーオプションは手を出さないほうがいいのかな?
ハイロー仙人
ハイロー仙人
そうとは限らんぞ。大事なのは業者選びと資金管理じゃな。

国内と海外業者どちらを選ぶべきか?

弟子の鈴木
弟子の鈴木

海外バイナリーオプション取引は違法ではないので、現在も日本に住んで稼ぎ続けている人はたくさんいます。

結局、国内バイナリーオプション業者と海外バイナリーオプション業者、どちらが儲かるのか気になりますよね。

規制をクリアした国内バイナリーはうまみがない

金融庁はトレーダーを守るために規制を強化しましたが、はっきり言って規制を守っている国内バイナリーオプション業者は取引のうまみがないんですよね。

バイナリーオプションのうまみは、短時間取引や取引回数がトレーダーによって自由に選択できるからこそ短時間で大きな利益を生み出せる点です。

短時間で売買したいトレーダーにとって、国内バイナリーオプション業者の取引条件は非常に稼ぎにくいと言えます。

ハイロー仙人
ハイロー仙人
要するに低リスク低リターンってことじゃな

バイナリーオプションは海外業者を選ぶべき

もしあなたが、国内か海外の業者どちらかで迷っているなら断然、海外バイナリーオプション業者を選ぶべきです。

中でも、私がおすすめする海外バイナリーオプション業者は、圧倒的な人気をトレーダー数を誇るハイローオーストラリア

海外バイナリーオプション業者の中には、本当に実態があるのか分からない怪しい業者が多く、投資初心者は特にカモにされやすいので要注意。

ハイローオーストラリアをすすめる理由は以下の通りです。

High&Lowと取引ルールがシンプルで分かりやすい。

最短30秒から短期取引可能なため、すぐ判定結果が出る。

ペイアウト率が1.85~2.3倍と高いため稼ぎやすい。

ハイロー仙人
ハイロー仙人
初心者でも始めやすく稼ぎやすいのはハイローオーストラリアの方じゃな

国内バイナリーオプションは取引時間が、12時・14時・16時というように開始時刻と終了時刻が決まっており、タイミングが自分でコントロールできない点は痛いですね。

手っ取り早くエントリーしてさっさと勝ち逃げしたい人にとってはハイローオーストラリアは稼ぎやすいと言えます。

 

国内バイナリー業者とハイローオーストラリアの比較表

国内バイナリー業者 ハイローオーストラリア
口座開設スピード 約1週間 最短5分
確認テスト あり なし
判定時間 2時間から 30秒から
1日の取引上限 12回まで 無制限
ペイアウト率 変動制 1.85~2.3倍
通貨ペア 5~8通貨ペア 17通貨ペア

とはいえ、ハイローオーストラリアは金融庁無登録業者と聞くと、取引開始を躊躇しますよね。

もし不安な場合は、クイックデモという無料で取引を体験できる仮想の口座が利用できるため、1度クイックデモで試してからリアル口座を開設するか検討してもいいかもしれませんね!

[su_button url=”https://binaryoption-report.com/demo” target=”blank” style=”3d” background=”#1dcd00″ size=”5″ center=”yes” radius=”round” icon=”icon: play”]ハイローオーストラリアのクイックデモはこちら[/su_button]

まとめ

この記事のまとめ

日本では、バイナリーオプションは規制されても取引自体は禁止ではない。
しかし世界の流れはバイナリーオプション取引を禁止する方向に。
バイナリーオプション取引における禁止行為は口座凍結のリスクがあるので、絶対に避けましょう。

日本および各国におけるバイナリーオプション取引の規制状況や、取引で規制されている行為について解説しました。

バイナリーオプション取引はギャンブル性が高いとみなされ、取引を禁止している国は多いですが、日本に関しては今のところ取引自体は禁止されていません。

ハイローオーストラリアではリアル口座を作る前にデモ取引が体験できます。

リアル口座開設の前に取引の感触をつかんでおきたい方は、まずはクイックデモを試してから判断すると安心ですよ!

無料で試せるハイローオーストラリア取引はこちら!

[su_button url=”https://binaryoption-report.com/demo” target=”blank” style=”3d” background=”#1dcd00″ size=”5″ center=”yes” radius=”round” icon=”icon: play”]まずはクイックデモから始めてみる[/su_button]

ABOUT ME
ハイロー仙人
当サイトで、ハイローオーストラリアの取引に関する情報をお届けしています。 勝った情報も負けた情報も是非参考にして下さい。 管理人が一押しするハイローオーストラリアの公式サイトはコチラです。 公式サイト:ハイローオーストラリア 僕のサイト:http://binaryoption-report.com/