初心者

ハイローオーストラリアを強制解約後の最大のリスクと自ら解約する手順

ハイローオーストラリア 解約
この記事でわかること

強制解約される6つの理由
解約の方法や注意点
口座の放置と解約のメリット、デメリット

ハイロー仙人
ハイロー仙人
皆の者、元気にしとるか?ハイロー仙人じゃ。
今回は、ハイローオーストラリアの強制解約について詳しく解説していくぞ。

多くの層から高い支持を集めているバイナリーオプション業者、ハイローオーストラリア。海外業者でありながら、十分な安全性や操作性の高さを誇るのが大きな特徴です。

しかし、バイナリーオプションはギャンブル性が少々高く、

「口座を開設したものの、もう使わないから解約したいな・・・」と思っている方も多いですよね。

また、「普段から頻繁に利用しているけど、強制解約・口座凍結された。」といった解約に関する疑問を持っている方も少なくはありません。

今回は、解約に関する情報を徹底的に解説しました。強制解約される理由や解約の手順など、詳しくまとめたのでぜひご参考にしてください。

基本的には、公式サイトからのお問い合わせや注意事項を守るだけなので、どなたでも簡単に実践できます。

[su_button url=”https://binaryoption-report.com/highlow” target=”blank” style=”3d” background=”#1dcd00″ size=”5″ center=”yes” radius=”round” icon=”icon: play”]ハイローオーストラリアの公式サイトはこちら[/su_button]

ハイローオーストラリアに強制的に解約される理由6つ

ハイローオーストラリアから口座を強制的に解約される理由は、主に6種類あります。

強制解約された=ハイローオーストラリアのルールを破ったと考えて間違いありません。
下記のケース6つが強制解約される対象に該当します。

口座の強制解約について

以下の事由に一つでも該当する場合、口座が強制的に解約されます。

・レートの遅延やフロントランニングを狙った取引
・業者間アービトラージ等の自動売買ソフトの利用の疑いがあると弊社が判断する場合
・クレジットカードの乱用が認められた場合
・取引額と比べ、入出金額が通常の範疇を超える金額と弊社がみなす場合
・本人確認書類や公共料金、郵送物等に偽造を施した場合
・同一人が複数口座を開いたことが確認された場合(両方の口座を解約することがあります)

出典:ハイローオーストラリア よくある質問

いずれの行為も、「不正な取引」や「犯罪の行為」に繋がると判断されるためです。

個人情報は正しく入力し、ハイローオーストラリアが設けているルールはしっかり守りましょう。

それだけで、強制解約されるリスクは大幅に減少します。

レートの遅延やフロントランニングを狙った取引

そもそもレートとは、外国為替市場において、異なる通貨を交換する際の比率です。

例えばドル円の場合、「1ドル108円」といった言葉をニュースで聞く機会は多いのではないでしょうか。

レートとは、通貨と通貨の交換比率を意味し、バイナリーオプションを利用する際は基礎的な用語になるので、覚えておきましょう。

ハイローオーストラリアでは、レートの遅延(レート配信が早い業者を参考にしながら、配信の遅い業者で取引する行為=取引が不正に有利になる行為)が禁止されています。

なぜなら、レートの遅延はAIを搭載した自動売買ツールを使用しますが、ハイローオーストラリアの規約により、自動売買ツールの使用は禁止されているためです。

なので、レートの遅延は口座凍結になる可能性が高いため、注意しましょう。

対して、フロントランニングとは、投資家の注文を受けた仲介業者が、顧客よりも先に注文する行為です。

レートの遅延と同様に、不正に有利になる行為なので、禁止されています。

しかし、業者が注意する禁止行為なので、個人の方はレートの遅延を主に気をつけてください。

自動売買ソフトの利用

業者間アービトラージ等の自動売買ソフトの利用の疑いがあると弊社が判断する場合
つまり、自動売買ツールの使用を、例外なく禁止にするという意味です。

ハイローオーストラリアは自動売買ツールに厳しく対処するため、もし発覚した場合は、1年間の取引禁止や永久的な取引の禁止の罰則が科せられます。

なので、レートの遅延と同様、自動売買ツールの使用は避けましょう。

ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリアは自動売買禁止!バレたら口座凍結のリスクありハイローオーストラリアの自動売買ソフトは、最初に設定さえしてしまえば、あとは機械が自動で取引してくれるため取引に時間をかけられない人に便利なツールです。しかし、ハイローオーストラリアは自動売買ソフトの利用を禁止しているため、使用の疑いがある場合は口座が強制解除される危険なツールです。...

クレジットカードの乱用

現金化や他者名義の使用など、クレジットカードの乱用は避けましょう。

もし発覚した場合、マネーロンダリング(犯罪によって得た利益の所有者や獲得経由を不明確にする行為)の観点から、口座凍結の対象になります。

クレジットカードは、現金化せず、有効期限内で本人名義のものを利用しましょう。

取引額にくらべ、入出金額が多すぎる

取引額と入出金額のバランスは重要です。例えば、合計2,000円の取引額・100万円単位の入出金をした場合、運営側が口座を不正利用していると判断するためです。

上記のように、極端な金額の差がなければ問題ないので、バイナリーオプションを楽しむ目的で取引する方は、心配ありません。

本人確認書類の偽造

確認書類といった個人情報の偽装も、口座凍結の対象です。口座が不正利用されていると、運営側が判断するためです。

ハイローオーストラリアから求められた個人情報は、偽りなく開示しましょう。

同一人が複数口座を開設

銀行と同様、口座が犯罪に利用されるケースを避けるため、同一人物が複数の口座を所有するのは禁止されています。

故意でなくとも、口座凍結の対象になるため、1人1口座の原則をしっかり守りましょう。

ハイロー複数口座開設
ハイローオーストラリアで複数口座開設する一番安全なやり方教えます ハイローオーストラリアの取引に慣れてくると、もう一つ口座が欲しいなと感じる方が多いです。 口座が限定凍結されてしま...

強制解約と凍結の違い

ログインができるかどうかによって、強制解約と口座の凍結の違いがわかれます。
下記に簡易的な表を作成したので、ご参考にしてください。

ログイン その他できないこと
強制解約 できない 入出金や取引などもできない。
口座凍結

(完全凍結)

できる 入出金や取引などができない。一部制限が緩和されるケースもある(限定凍結)。

入出金や取引などができない。一部制限が緩和されるケースもある(限定凍結)。

実は、2019年6月、ハイローオーストラリアの口座移行問題の騒動が起きました。
口座を移行する際に解約されたといった内容ですが、世界を巻き込むほどのトラブルに発展します。
詳しくは下記の記事で解説しているので、気になる方はご覧ください。

ハイローオーストラリア口座移行
ハイローオーストラリアは口座移行しないと危険?運営会社変更で遂に終了か 2019年にハイローオーストラリアの口座移行が話題になりました。 ハイローオーストラリアは、利用者が多く不安になった方もい...

自ら解約・退会する前に知っておくべきこと

自ら口座の解約・退会する際、知っておくべき注意点をまとめました。

解約後1年は再開が不可

ハイローオーストラリアでは、解約後の1年間は再登録ができません。解約から1年経過すると再登録できますが、新規口座開設のキャッシュバックといったキャンペーンは受け取れないため、注意が必要です。

ハイローオーストラリアを上回るサービスの業者が他にいない

バイナリーオプションを利用できる業者において、ハイローオーストラリアは高品質なサービス性を誇ります。

入出金の速さや取引方法
日本語による電話対応
外出中でも、専用アプリで利用できる
ペイアウト率の高さ
海外業者のなかでも、トップクラスの安全性

上記は他の業者にはなく魅力的です。

口コミ評価も高く、バイナリーオプションの初心者~上級者まで、多くの層が利用しているのが、ハイローオーストラリアの大きな特徴。

もし他の業者を利用したとしても、ハイローオーストラリアの利用を再開したくなるほどの利便性の高さを誇ります。

キャッシュバック残高は出金できない

キャッシュバック残高は出金できないので、注意しましょう。

2021年7月現在では、5,000円のキャッシュバックキャンペーンを催しており、実際のトレードのみ使用可能です。

キャッシュバックされたお金は、実際の取引で使い切るようにしましょう。

口座維持費は永久無料

ハイローオーストラリア口座の維持費は永久無料なので、一度開設した方は、持っておくだけでも損しません。

クレジットカードのように年会費が不要なのは、とてもお財布に優しいですよね。

解約や退会に大きな理由がない方は、一旦口座を放置する手段をとってみてはいかがでしょうか。

ハイローオーストラリアの口座解約の手順

ハイローオーストラリアの口座解約手順を解説します。写真を掲載したので、口座解約をしたい方は、ぜひご参考にしてください。

解約・退会の問い合わせ先と手順

解約・退会の手順を解説します。公式サイトのリンクも記載したので、ご覧ください。

手順
①まずは、ハイローオーストラリアの公式サイトを開く
②上部にある、「サービス案内」をクリック

③「1お問い合わせ内容」「2お客様情報」を入力 or 右下の「ライブチャット」をクリック

[su_button url=”https://binaryoption-report.com/highlow” target=”blank” style=”3d” background=”#1dcd00″ size=”5″ center=”yes” radius=”round” icon=”icon: play”]ハイローオーストラリアの公式サイトはこちら[/su_button]

口座解約の時のみ1万円以下でも出金できる裏技

通常の場合、1万円以下の口座残高は出金できませんが、解約時のみ出金できます。
(下記、ハイローオーストラリア公式サイトのFAQ情報にて)

“10,000円以下の出金は、口座を解約される時のみに可能です。その際は、弊社サポートまでご連絡下さい。”

解約する際は何円からでも出金が可能なので、1万円以下の金額を出金したい方は、公式サイトからお問い合わせしてください。

口座解約・退会前の注意点

解約・退会前の注意点が3つあります。いずれも、非常に重要なので、念入りにチェックしましょう。

口座に残った資金は出金しておく

まずは、口座の残高はすべて出金しましょう。口座に入っているお金を、確実に自分のものにするためです。

もし残高が残った状態で解約・退会した場合でも、ハイローオーストラリアから送付されるので問題ありません。

しかし、あらゆる事態を想定すると、解約・退会する前に、全額を出金した方が確実です。解約までの日にちから余裕をもって、口座の残高の全額を出金しましょう。

口座を放置するメリットと解約するデメリットを知っておく

解約や退会を決断する前に、口座を放置するメリットと解約するデメリットの両者を、知っておくと、より自分にとって正しい選択ができます。

 

上記からわかるように、口座を放置するメリットと解約するデメリットは多数存在します。

なので、解約するよりも口座を放置するのがおすすめ。

一度立ち止まって、解約すべきかどうかを決断してください。

口座の再開は新規口座開設の手順と異なる

口座の再登録と新規口座開設の手順は異なります。再登録の際は公式サイトにアクセスし、再登録の旨をメールor電話しなければなりません。

新しく口座を開設するのではなく、解約した口座を復活させるような工程が必要なので、少々時間がかかる可能性があります。

口座解約のデメリットの1つなので、解約する前に、再び利用する機会があるかどうかを検討しなければなりません。

ハイローオーストラリアの口座を放置するのもアリ

ハイローオーストラリアを解約するかどうか迷っている方は、口座を放置するのがおすすめ。

口座の維持費もかからず、取引したいときはいつでもできるためです。

万が一安易に解約した場合、再登録は1年後&手続きにかかる手間など、不必要な時間と手間が発生します。

対して、口座を放置するデメリットは存在しないため、解約するかどうか迷っている方は口座を放置するのがおすすめ。

また、入出金のスムーズさや操作性の高さなどの特徴は、他の業者よりも優れております。

ハイローオーストラリアに慣れた方は、他の業者を使いにくく感じる可能性が高いため、口座は放置したほうが、失敗のない選択といえます。

ハイローオーストラリアはいつでも解約できる

ハイローオーストラリアの口座はいつでも解約できるため、「口座を放置していたけど、やっぱり解約したい」といった方も、ご安心ください。

なので、一旦口座を放置→好きなタイミングで解約といった流れがおすすめ。解約を思いとどまるor後悔のない解約ができるためです。

まとめ

この記事のまとめ

ハイローオーストラリアは健全に取引すれば、安心して利用できる
口座を放置するメリットより、口座を解約するデメリットの方が大きい
解約したい方も、一旦放置するのがおすすめ

ハイローオーストラリアは、利便性と安全性の高さが大きなメリットです。

強制解約や口座凍結なども、健全に取引を楽しめば、大きな心配は必要ありません。

注意事項やルールを守りながら、ハイローオーストラリアでのバイナリーオプションを楽しみましょう。

ABOUT ME
ハイロー仙人
当サイトで、ハイローオーストラリアの取引に関する情報をお届けしています。 勝った情報も負けた情報も是非参考にして下さい。 管理人が一押しするハイローオーストラリアの公式サイトはコチラです。 公式サイト:ハイローオーストラリア 僕のサイト:http://binaryoption-report.com/