必勝攻略法

【完全版】ハイローオーストラリアのターボ取引の時間帯ごとの攻略法

ハイローターボ取引
ハイロー仙人
ハイロー仙人
皆の者、元気にしとるか?ハイロー仙人じゃ。
今回は、ついて詳しく解説していくぞ。

ハイローオーストラリアのTurbo(ターボ)取引がよくわからない方はいませんか?
30秒~5分と取引方法が分かれていて、よくわからないですよね。
この記事では、Turbo(ターボ)取引とは何か・時間帯別の攻略法を解説します。
ターボ取引の理解を深めて、なるべくリスクを下げましょう。

[su_button url=”https://binaryoption-report.com/highlow” target=”blank” style=”3d” background=”#1dcd00″ size=”5″ center=”yes” radius=”round” icon=”icon: play”]ハイローオーストラリアの公式サイトはこちら[/su_button]

ハイローオーストラリアのターボ取引とは

Turbo(ターボ)取引とは、TurboとTurboスプレッドと2つある短時間でおこなう取引法です。
では、2つはどのように違うのか解説しましょう。

TurboとTurboスプレッドのちがい

TurboとTurboスプレッドのちがいは、予測の難易度

Turboスプレッドの方が、より大きい値を予測する必要があるので難易度が高く短時間で高ペイアウト率の取引法です。

スプレッドとは、売値と買値の価格差。

スプレッド幅と言われており、購入した時点の現在レートがスプレッド幅を超えて取引終了時に、High (上がる)かLow(下がる)かを予測します。

Turboとは何ですか?

Turboとは、任意のタイミングで回号を始められるオプションです。30秒、1分、3分、5分といった、様々な判定時刻のオプションを提供しております。Turboの取引につきましては、ホームのTurboのタブをご覧下さい。

出典:ハイローオーストラリア よくあるご質問

範囲に収まると投資者の負けです。

基本的にはTurboと同じ短時間トレードをおこないますが、スプレッド幅も予測するため初心者には少し難しい取引法でしょう。

Turbo(ターボ)取引のペイアウト率は最大2.3倍

ペイアウト率とは、投資した金額に対してどれくらいの割合が払い戻されるかを表した倍率です。

予想が当たれば、掛け金にペイアウト倍率を掛けた金額が支払われます。

ハイローオーストラリアでは、4つの取引法があり4つともペイアウト率がことなるので気を付けてください。

Highlow (1.85~1.95倍)
Highlowスプレッド(2.00倍)
Turbo (1.85~1.95倍)
Turboスプレッド (2.00~2.30倍)

先ほど解説した通り、スプレッドは予測が難しいためペイアウト率も高めの設定です。

特に、短時間取引のTurboスプレッドは4つのトレード方法の中で一番高いペイアウト率である最大2.3倍になる場合があります。

Turbo(ターボ)取引できる通貨ペア7種類

ハイロー取引とターボ取引では、扱う通貨の種類がことなります。

ハイロー取引の取り扱い銘柄17種類 Turbo(ターボ)取引7種類
USD/JPY(米ドル/日本円) USD/JPY(米ドル/日本円)
EUR/USD(ユーロ/米ドル) EUR/USD(ユーロ/米ドル)
EUR/JPY(ユーロ/日本円) EUR/JPY(ユーロ/日本円)
GBP/JPY(英ポンド/日本円) GBP/JPY(英ポンド/日本円)
AUD/JPY(豪ドル/日本円) AUD/JPY(豪ドル/日本円)
AUD/USD(豪ドル/米ドル) AUD/USD(豪ドル/米ドル)
NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円) NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円)
EUR/GBP(ユーロ/英ポンド)
EUR/AUD(ユーロ/豪ドル)
GBP/USD(英ポンド/米ドル)
CHF/JPY(スイスフラン/日本円)
CAD/JPY(カナダドル/日本円)
NZD/USD(ニュージーランドドル/米ドル)
USD/CHF(米ドル/スイスフラン)
USD/CAD(米ドル/カナダドル)
AUD/NZD(豪ドル/ニュージーランドドル)
GBP/AUD(英ポンド/豪ドル)

このように、ターボ取引のペア通貨はハイロー取引に比べると半分以上少ないです。

Turbo(ターボ)30秒取引攻略法

次に、ターボ30秒取引のメリット・デメリットやタイミングについて解説します。
30秒取引は1番早い取引法なので、運任せにしがちですが、しっかり分析することで勝率を上げることができます。

Turbo(ターボ)30秒取引のメリット・デメリット

メリット デメリット
短時間で利益を出せる レートを読むのが難しい
ペイアウト率が高い 負けた時の損出が大きくなりやすい
外的影響が少ない ローソク足がないので予測が難しい

Turbo(ターボ)30秒取引のエントリータイミング

使用するのは、価格の推移によく反応するウィリアムズ%Rです。
「−10」「−90」辺りまで推移し「−20」「−80」を抜けるタイミングでエントリーします。
売られるほど後で買われる性質をいち早く見つけるのがウィリアムズ%Rの特長です。

Turbo(ターボ)30秒取引のまとめと実践

30秒取引でウィリアムズ%Rを使う場合は

「−90」以下まで落ちてしまったときは「−80」を上抜ける際にHighを選択
「−10」以上伸びたときは「20」を下抜ける際にLowを選択

先行性に長けているウィリアムズ%Rは30秒取引との相性が良く、上記のエントリーをおこなえば高い勝率になるでしょう。

Turbo(ターボ)1分取引攻略法

次に、1分取引のメリット・デメリットやタイミングについて解説します。

Turbo(ターボ)1分取引のメリット・デメリット

メリット デメリット
30秒取引の2倍分析できる だましが多い
ペイアウト率が高い リスクが高い
ストレスが軽減できる

Turbo(ターボ)1分取引のエントリータイミング

使用するのは、RSIです。
RSIでは、買われ過ぎている場合「70%」を表し売られ過ぎている場合「30%」を表します。
そのため、エントリーは「70%」か「30%」に達したときが最適です。

Turbo(ターボ)1分取引のまとめと実践

1分取引でRSIを使う場合は

30%にRSIが達するときにHighを選択
70%にRSIが達するときにLowを選択

30秒を過ぎてから株が上昇・下落するため逆張りトレードをおこなう1分取引ではRSIは適しています。

RSI
バイナリーオプション|RSIの実践的な使い方と期待値のある手法解説 バイナリーオプションのインジケーターの中でもRSIは特に人気があります。 ただし、RSIを使ってバイナリーオプションで勝つ...

Turbo(ターボ)3分取引攻略法

次に、3分取引のメリット・デメリットやタイミングについて解説します。

Turbo(ターボ)3分取引のメリット・デメリット

メリット デメリット
余裕のある取引 取引回数が多くなる
高いペイアウト率 大きな金額を賭けられない
だましが少ない

Turbo(ターボ)3分取引のエントリータイミング

使用するのは、ACオシレーターとMACDです。
ACオシレーターは、買値の早さを計る指標で順張りトレードに向いています。
MACDの特徴は、買値の周期とタイミングを捉える指標で、上下の分岐点を見つけることです。
MSCDが離れた時にACオシレーターも3つ同色が出ているか確認。
MACDの下の線で離れたら上昇サインとなり、ACオシレーターが3つ以上緑になっていたら根拠が重なるのでエントリーします。

Turbo(ターボ)3分取引のまとめと実践

3分取引はテクニカル分析がしやすいため、論理的に投資をおこなえます。

ACオシレーターで緑が3つ出てMACDが下で離れたらHighを選択
ACオシレーターで赤が3つ出てMACDが上で離れたらLowを選択

これ以外ではトレードしないと決め、上手くACオシレーターとMACDを使いこなしましょう。

MACD
【バイナリーオプション】MACDのだまし回避法と実践テクニック バイナリーオプションでMACDを使っている方の中には、MACDを使うことで勝ちやすくなったのは確かだけど(だまし)でよく負け...

Turbo(ターボ)5分取引攻略法

次に、5分取引のメリット・デメリットやタイミングについて解説します。
ターボ取引で1番時間が長くよりテクニカル分析により堅実な取引が可能です。

Turbo(ターボ)5分取引のメリット・デメリット

メリット デメリット
転売できる デメリットは
テクニカル分析が可能 MT4が必要
大きな相場に乗りやすい ペイアウト率が下がる

Turbo(ターボ)5分取引のエントリータイミング

順張りに適しているRSIと買値の増大・減少を判断するRVIを使います。
なので、順張りに適した指標です。
RVIで相場の変動幅を確認し、RSIで通貨ペアの差を計れば安全に順張りをおこなえます。
RVIがシグナルラインを上に超えたら買いサイン・RVIがシグナルラインを下超えたら売りサインです。
RSIが30または70%近くでRVIが重なっている・重なり始めているときにエントリーします。

Turbo(ターボ)5分取引のまとめと実践

トレード時間が長いため、指標の根拠を高めることが大切です。
RSIを基にRVIで根拠を強くします。

RSIが30%近くでRVIがシグナルラインを上に超えたらHigh
RSIが70%近くでRVIがシグナルラインを下に超えたらLow

これ以外ではトレードをしないと決め、上手くRSIとRVIを使いこなしましテクニカル分析の基で論理的に投資をおこないましょう。

ハイローオーストラリアのTurbo(ターボ)取引は30秒・1分はやめておけ

ここまで、時間帯別の特長を解説しましたがどのトレード時間が良いと思いますか?
結論から言うとハイローオーストラリアのTurbo(ターボ)30秒・1分取引はおすすめしません。
では、なぜおすすめできないのか解説します。

チャート分析ができない

ハイローオーストラリアのTurbo(ターボ)30秒・1分取引はおすすめしない1つ目の理由は、チャート分析ができない点。

ツールを使っても反応しない場合もあり分析した根拠のあるエントリーができません。

そのため、ギャンブルのような運任せになりやすく危険です。

バイナリーオプションは2択なので運任せでも勝てますがチャート分析をおこなうことで勝率をさらに高めることができます。

転売が使えない

ハイローオーストラリアのTurbo(ターボ)30秒・1分取引をおすすめしない2つ目の理由は、転売が使えないからです。

転売とは、投資の途中で権利を放棄して利益・損出を確定させることを指します。

転売をすると、損出を最小限に抑えることや勝ち逃げすることができるでしょう。

転売がおこなえるタイミングは、判定時刻の1分前までです。
そのため、30秒・1分取引では転売ができずリスクヘッジができません。

ハイロー 転売
ハイローオーストラリアの転売はガチで稼げる?初心者がハマる罠に要注意 ハイローオーストラリアは転売を攻略すれば稼げる!とよく見かけます。 確かに、転売機能は他のバイナリーオプション業者にな...

00秒エントリーを続けないとバックテストもできない

ハイローオーストラリアのTurbo(ターボ)30秒・1分取引をおすすめしない3つ目の理由は、00秒エントリーを続けないとバックテストもできないからです。

バックテストとは、エントリーする際に決めたルールが取引に有効かどうかを過去のデータから分析して検証することを指します。

バックテストをおこなうには、次足がでる00秒エントリーを続ける必要があり、約定のタイミングがズレるため難しいです。

足代わりで負けるケースが多くなり不十分な検証結果となります。

なので、活かせる過去データが得られないまま、30秒・1分取引をおこなうことは危険と言えるでしょう。

まとめ:ターボ取引は分析が大切

この記事のまとめ

Turbo(ターボ)取引はペイアウト率が高い
テクニカル分析が大切
取引するなら3分・5分

この記事では、Turbo(ターボ)取引について・時間帯別の攻略法を解説しました。
ターボ取引とは、30秒~5分と短時間でおこなう取引です。

また、30秒・1分の取引はリスクが高く、3分・5分のトレードは分析することで勝率を上げられることでしょう。

初心者の方でも、3分・5分取引をおこないリスクを減らしながら投資をおこなえます。
ぜひ、無料で口座を作れるので初めてみてはどうでしょうか?

[su_button url=”https://binaryoption-report.com/highlow” target=”blank” style=”3d” background=”#1dcd00″ size=”5″ center=”yes” radius=”round” icon=”icon: play”]ハイローオーストラリアの公式サイトはこちら[/su_button]

ABOUT ME
ハイロー仙人
当サイトで、ハイローオーストラリアの取引に関する情報をお届けしています。 勝った情報も負けた情報も是非参考にして下さい。 管理人が一押しするハイローオーストラリアの公式サイトはコチラです。 公式サイト:ハイローオーストラリア 僕のサイト:http://binaryoption-report.com/