初心者

バイナリーオプションの専業プロトレーダーに絶対必要な3つのキホン

BO専業
ハイロー仙人
ハイロー仙人
皆の者、元気にしとるか?ハイロー仙人じゃ。
今回は、バイナリーオプションの専業トレーダーについて詳しく解説していくぞ。

バイナリーオプションだけで生活をしている専業トレーダーはFXトレーダーほど数は多くないものの、確実に存在します。

バイナリーオプションのトレードだけで生活している人って、何だかカッコよくて憧れますよね。

今回は、専業トレーダーになりたい人に向けた内容で、必要な素質や専業として独立するタイミングや、専業トレーダーになるための手順について詳しく解説します!

バイナリーオプション専業のトレーダーになるために必要な3つのキホン

バイナリ―オプション取引は、投資の一環として始められる方がほとんどだと思います。

取引で勝つためにいろいろ研究して、取引のコツがつかめてくるとバイナリ―オプション取引一本で生計を立てたい、あわよくば置くトレーダーになりたいと考える方もいるでしょう。

専業トレーダーになるために必要なことを、詳しく見ていきたいと思います。

①いきなり専業トレーダーを目指さない

バイナリーオプションで勝率が上がってきたら、会社を辞めて専業トレーダーになろうと考えているなら一旦冷静に考えましょう。

たとえば、現在副業トレーダーとして取引をしているのであれば、会社の給料と同額を毎月稼げるようになると独立を考えますよね。

しかし、本業の給与が毎月決まった日に振り込まれるからこそ、安定したバイナリーオプション取引ができるのではないでしょうか。

相場は浮き沈みがあるため、いまは勝ち続けられているかもしれませんが来年の世界情勢は誰にも予想は出来ません。

少なくとも1年分の生活費が貯蓄できるまでは専業ではなく副業トレーダーとしてコツコツ積み上げていきましょう。

②安定的に勝てる技術を身につけている

専業トレーダーとしてやっていくには、取引の利益で生活費を稼ぎ出す必要があります。

したがって、勝率10割は無理だとしても6~7割程度の勝率を叩き出せないと、あっという間に明日の生活費にすら困る状況に陥ってしまうでしょう。

そのためには、コンスタントに取引で勝てる技術を習得している必要があります。

バイナリーオプションに必勝法はありませんが、安定して6割以上の勝率を出し続けるためには、直感に頼る取引ではなく自分なりのエントリーポイントを見極めることがとても重要です。

エントリーポイントの見極めにはある程度の経験が必要となるので、バイナリーオプションの取引を重ねることで専業になる前に経験値を積んで、確かな技術を習得してください。

③資金とメンタルの管理ができている

バイナリーオプションで専業トレーダーになるためには、資金管理・メンタル管理ができる人に限られます。

資金管理がいい加減だと、いくら勝率が高くても収支がマイナスになり、メンタル管理ができない人は冷静な取引ができなかったり、負けを引きずる傾向にあるのです。

まず、バイナリーオプションにおいての資金管理方法として、損益分岐点を明確にしエントリーごとの投入資金を一定にするとよいでしょう。

特に、負けが続くと投入資金を増やして取り戻したいと思いがちですが、冷静さを維持して当初の計画通りにエントリーすることが求められます。

専業トレーダーとしてバイナリーオプション取引のみで収入を得ようとすると、投資目的に余剰資金で行う取引に比べて投入資金は大きくなりがちです。

投入資金が多くなれば、勝ったときのリターンが大きくなる代わりに、負けたときに失う金額も当然大きくなります。

専業であればたとえ負けが込んでも取引を続けなければならないため、強いメンタルが求められるのです。

負けが続いても焦らず弱気にならず、淡々と自分が決めたルールに従って取引を続けられる人が専業トレーダーとして必要な素質と言えます。

バイナリーオプション メンタル管理
誰も知らないバイナリーオプションのメンタル管理が超重要な理由5つ バイナリーオプションの必勝法はチャート分析などテクニカルな部分が重要視されていますが、じつはメンタル管理が大切なのはあまり知...

専業トレーダーのメリット・デメリット

バイナリーオプションの専業トレーダーになるメリット・デメリットについて解説します。

専業トレーダーの最大のメリットは自由な生活です。

さらに詳しい内容を見ていきましょう。

メリット

バイナリーオプションの専業トレーダーのメリットは以下の3点。

場所と時間に縛られない自由な生活の実現。

職場の人間関係やしがらみから解放される。

高収入

バイナリーオプションの専業トレーダーはパソコンとインターネット環境さえあれば、いつでもどこでも取引ができます。

毎朝おきて職場に向かうこともなく、面倒くさい職場の人間関係に悩むこともありません。

そして、会社や組織に雇用されるよりも圧倒的に高収入を得られる点は魅力的ですよね。

デメリット

バイナリーオプションの専業トレーダーにもデメリットは存在します。

収入が不安定。

不規則な生活により体調を崩しやすい。

社会的信用が低い。

専業トレーダーは収入のすべてを取引から得る必要があるため、負けが続けば当然生活費も減ってしまいます。

バイナリーオプションは短時間で大きく稼ぎやすい反面、負けた時の損失も大きいため、収入の不安定さとは常に向き合わないといけません。

また、会社員のころは朝起きて通勤して帰宅し就寝という規則正しい生活を送りますが、専業トレーダーになると時間や場所、組織に拘束されないため、不規則な生活になりがち。

家から出ない日も増えるため、体調を崩す人も多いため健康管理も専業トレーダーに必要なタスクと言えます。

また、専業トレーダーの社会的な信用の低さは深刻な問題です。

車や家など、ローンを組む時や賃貸契約を結ぶときに社会的な信用が低いと審査に通らない場合があります。

弟子の鈴木
弟子の鈴木
専業トレーダーは無職扱いされるからつらい、、、。

専業のトレーダーになるタイミング

バイナリーオプション取引を始めてすぐ、専業トレーダーになるのはなかなかうまくいきません。
どのようなタイミングで専業トレーダーになるべきか見ていきます。

最低でも現状の月給以上の利益を出せるようになること

普段は会社員、公務員、自営業などに従事し、バイナリ―オプション取引はあくまで投資の一環として行っている方が多いと思います。

バイナリーオプション取引を始めた当初は、思うように勝てずに利益を出せないと思います。

小遣い稼ぎであれば勉強期間と割り切れますが、専業になってから利益を出せないと生活が成り立ちません。

取引で今の仕事の月給以上を稼げるようになると、専業のトレーダーになる最低ラインに達したと言えるでしょう。

安定した生活を捨てる覚悟ができていること

嫌な上司と顔を合わせる必要はなく、満員電車に揺られることもないなど、専業トレーダーは特に会社員の方にとっては、バラ色の世界に感じるかもしれません。

しかし、会社員は収入が安定していますし、成長のために失敗が許されるという、素晴らしい環境であることも忘れてはならないでしょう。

そのような安定した生活を捨てる覚悟ができていないのであれば、まだ専業になるべきタイミングではないと言えます。

数ヶ月単位で安定した利益を出せること

今の仕事の月給以上の利益を出すことは最低ラインと述べましたが、単月の実績では意味がありません。

専業のトレーダーとなると、自分の腕一本ですべて生活費を稼ぐ必要があるので、仮に月給程度を稼げるようになったとしても、すぐに脱サラして専業トレーダーで生計を立てようとするのは危険です。

為替相場は変動があるため、取引の経験が浅いと今月は月給分稼げても、翌月は赤字になってしまうといったことも十分に考えられます。

専業トレーダーになるのであれば、数ヶ月単位で安定した収益を出せるようになり、取引に対して十分自信をつけてからがよいでしょう。

バイナリーオプション取引のみで生計を立てていくための手順

専業トレーダーになって、バイナリーオプション取引のみで生計を立てるにはさまざまな方法がありますが、ここでは代表的な手順を紹介します。

①必要な資金を貯める

いきなり専業トレーダーになっても成功は難しいので、専業トレーダーになる前にある程度の運転資金や生活資金の確保が必須です。

そのために、まずは会社員など収入の安定した仕事に就いて、必要な資金を貯めましょう。

定職に就けば定期的に収入が得られ、一部を計画的に貯蓄へ回せるので、運転資金を確保しやすくなります。

貯蓄額はトータルの目標値を設定し、脱サラして専業トレーダーになりたい時期を決めれば、毎月の目標貯蓄額を算出できるでしょう。

とにかく定職に就けなかったからといって、専業トレーダーになることはおすすめできません。
専業トレーダーで成功するには多くの困難が伴うので、しっかり資金の準備をしてください。

②取引環境を整備する

定職に就いて将来必要な資金を確保しつつ、取引のための環境整備も並行して進めましょう。
専業トレーダーになれば生活がかかってきますので、環境が悪くてエントリーのタイミングがずれたなど、単純な失敗は許されません。

そのため、少なくとも落ち着いて取引できる環境は事前に整備するべきでしょう。
まず、パソコンやネット環境の整備です。

スマホで取引される方もいると思いますが、バイナリーオプション取引に専業で携わろうするのであれば、パソコンと光回線は必須です。

スマホのみだとチャート画面を見ながら取引することができず、エントリーのタイミングを逃しかねないので、パソコンを準備しましょう。

また、ポケットWi-Fiなどモバイル回線のみの契約をしている方がいるかもしれませんが、光回線の契約を強く勧めます。
光回線はモバイル回線に比べて通信速度が速く、容量を気にしなくてもよいのが大きな強みです。
回線トラブルによる取引失敗のリスクを避けるためにも、モバイル回線のみの契約の方は、光回線の契約をぜひ進めてください。

なお、光回線の開通には数か月単位で時間がかかるので、早めに光回線を契約して余裕をもって導入を進めましょう。

パソコンやネット環境の整備以外にも、広めの机を買ったり疲れにくい椅子を買ったりなど、ストレスなく集中して取引できるよう必要なものをそろえてください。

そして、当然バイナリーオプション取引を行う口座を作る必要がありますが、やばい業者を選んでしまうと、思うように収益を上げられません。

専業トレーダーとして取引するのであれば、バイナリーオプション取引の大手で実績のあるハイローオーストラリアが安心でおすすめです。

③自分なりの攻略法を作る

貯蓄で資金を準備して取引環境を整備できても、そもそも肝心のバイナリーオプション取引で勝てなければ専業は成り立ちません。

バイナリーオプション取引で高い勝率をキープできるよう、専業になる前に取引を重ねて、実践を通して自分なりの攻略法を確立しておきましょう。

具体的には、エントリーポイントの見極め方や取引金額などです。

専業トレーダーになるということは、バイナリーオプション取引のプロフェッショナルになるということに他なりません。

プロフェッショナルにふさわしい技術を習得できるよう、研鑽を十分に積んでから専業トレーダーに進んでください。

専業トレーダーになるための情報収集

専業トレーダーでやっていけるだろうかなど、不安に感じることは多いと思います。
事前に、ネットで他の専業トレーダーの生活や攻略法など、情報収集しておくとよいでしょう。

YouTube

YouTubeを検索すると、バイナリーオプションの有名トレーダーの動画が多数アップされています。
100%真に受けることができない動画も見受けられますが、比較的短めの動画が多いので、ざっと目を通して必要な情報を集めるとよいでしょう。

ブログ

ブログで情報発信しているトレーダーも多いです。
ただし、情報商材販売者が自社の商品の宣伝に使っている場合もあるので、その場合は自分に必要な商材かしっかり考えてください。

動画やブログを見るときに注意したいこと

動画やブログの中で、取引画面の写真を掲載して必勝法などを紹介しているものがあります。

その写真に、本物の口座ではなくデモ口座の写真を使って作成しているコンテンツもありますが、それは本当にバイナリーオプション取引をしているのか少し怪しいですね。

その場合、作成者が本物のトレーダーでない可能性もありますので、情報の真偽をよく吟味してください。

まとめ

この記事のまとめ

バイナリーオプション取引の専業トレーダーには、高度な技術だけでなく強い精神力や緻密な資金管理が必要です

専業トレーダーになるには、十分な資金の確保や取引環境の整備など事前の準備を確実に行いましょう

専業トレーダーになる前に、自分に必要な情報をネットなどで収集しておきましょう

バイナリーオプション取引は、少し勝率がよいからといって、すぐに専業でやっていけるほど甘い世界ではありません。

資金の確保、環境整備、自身のスキル向上など、事前にしっかりと必要な準備をしたうえで、専業トレーダーの道へ踏み出してください。

また、ハイローオーストラリアの口座を持っていない方には、まずはデモ取引を体験してみることをおすすめします。

口座を作る前にハイローオーストラリアの感触をつかんでおきたい方は、まずはデモ取引でハイローオーストラリアの取引を体験してみてください。

[su_button url=”https://binaryoption-report.com/demo” target=”blank” style=”3d” background=”#1dcd00″ size=”5″ center=”yes” radius=”round” icon=”icon: play”]ハイローオーストラリアのクイックデモはこちら[/su_button]

ABOUT ME
ハイロー仙人
当サイトで、ハイローオーストラリアの取引に関する情報をお届けしています。 勝った情報も負けた情報も是非参考にして下さい。 管理人が一押しするハイローオーストラリアの公式サイトはコチラです。 公式サイト:ハイローオーストラリア 僕のサイト:http://binaryoption-report.com/