必勝攻略法

【ハイローオーストラリア】MT4に移動平均線を導入して勝率アップする方法

ハイロー仙人
ハイロー仙人
皆の者、元気にしとるか?ハイロー仙人じゃ。
今回は、MT4の移動平均線について詳しく解説していくぞ。

ハイローオーストラリアで取引を始めると、移動平均線やMT4といった専門用語が多く理解が追いつきませんよね。

そこで今回は、ハイローオーストラリアの勝率アップにかかせないMT4に移動平均線を導入する方法を詳しく解説します。

MT4って何?といった基礎的な部分を初心者に分かりやすく説明しているので、ぜひ最後まで読んで取引に活用していきましょう!

[su_button url=”https://binaryoption-report.com/highlow” target=”blank” style=”3d” background=”#1dcd00″ size=”5″ center=”yes” radius=”round” icon=”icon: play”]ハイローオーストラリアの公式サイトはこちら[/su_button]

移動平均線(MA)とは?

移動平均線は英語でMoving Average(ムービングアベレージ)、省略してMA(エムエー)と呼ばれています。

移動平均線について簡単に説明すると「ある期間の平均の終値を線で繋いだもの」です。
チャートで見ると、ローソク足に交わっている色が付いた線が移動平均線になります。

移動平均線には「5分、25分」などの期間が設定されていて、2〜3本セットで使われることが多いです。

ハイローオーストラリア攻略になぜ移動平均線のような分析ツールが必要なのか。

詳しく書いた記事はこちらです。

ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリアはツールなしで勝てない!有料と無料の違いも解説 ハイローオーストラリアで勝率を上げるためには、どのツールを使えばいいのか分からないというお悩みが多く寄せられます...

移動平均線の役割

移動平均線の主な使い方は「トレンドの確認」です。
移動平均線とローソク足の位置関係を見ることで、今後のトレンドを予測できます。

例えば、移動平均線がローソク足より下にあるときは買いが強く、反対にローソク足の上にあるときは売りが強いことを表します。

このように、移動平均線を使えば一目でトレンドを把握することができるのです。

移動平均線を設定すれば勝てるのか?

結論からいうと、移動平均線だけで勝つのは難しいです。
移動平均線はあくまで平均の終値を繋いだだけで、完全にトレンドを読めるわけではありません。

しかし、バイナリーにおいて有用な指標であることには変わりありません。

ハイローオーストラリアの移動平均線の種類

移動平均線にはいくつか種類があります。
中でも、よく使われているのは以下の3種類です。

移動平均線

加重移動平均線(WMA)

指数平滑移動平均線(EMA)

単純移動平均線(SMA)

それぞれの移動平均線の使い分け方法について解説します。

単純移動平均線(SMA)

もっとも一般的な移動平均線です。
一定期間の平均を出してくれる移動平均線で、過去の値動きからトレンドを分析してくれます。

相場の動きに対してやや遅れますが、大きなトレンドを掴みやすいのが特徴です。

加重移動平均線(WMA)

過去の価格の比重を小さくした移動平均線です。
直近の値動きを強く反映するため、緩やかなトレンドで効果を発揮します。

ただし、あまり相場が動かなかったり、急騰・急下落するときにはあまり役に立ちません。

指数平滑移動平均線(EMA)

直近の価格の比重を大きくした移動平均線です。
他の移動平均線と比べると、相場の変化を早く読み取ることができます。

MT4で移動平均線を設定する方法

移動平均線を使うためには、MT4のダウンロードが必要です。
MT4は、ハイローオーストラリアの公式サイトからダウンロードできます。
スマホで利用する場合はMT4のアプリをインストールしましょう。

MT4のダウンロードはこちら。

パソコンとスマホでは設定方法が違うので、それぞれ解説します。

パソコンで移動平均線を設定する方法

まず画面上部のメニューから「挿入」をクリックします。
一番上にある「インジケータ」「トレンド」「Moving Average」の順番で選択しましょう。

すると、移動平均線の設定画面が表示されます。
ここで移動平均線の「期間」と「種類」を設定すると、導入は完了です。

移動平均線は好きな色を設定できるので、見やすい色に設定しましょう。

スマホから移動平均線を設定する方法

スマホアプリ版では、画面上部のメニューから「f」をタップします。
するとテクニカル指標の追加画面に移動するので「+」のボタンからツールを追加しましょう。

ずらっとツールが表示されますが、その中の「トレンド」「Moving Average」を選択します。
あとは移動平均線の「期間」と「種類」を設定すると、移動平均線の導入は完了です。

 

ハイローオーストラリアの移動平均線の攻略法

ゴールデンクロス、デッドクロス

出典:大和証券

移動平均線の導入ができたら、実際に活用してみましょう。
移動平均線の活用方法は様々ですが、まずは初心者でも分かりやすい「ゴールデンクロス」「デッドクロス」について解説します。

これらのサインは相場を読む上で役立ちますが、必ずしも正しく予測できるものではないので注意しましょう。

買いサインのゴールデンクロス

ゴールデンクロスとは、短期の移動平均線が長期の移動平均線を「下から上に」突き抜けることを指します。

ゴールデンクロスが出ると上昇トレンドが起こりやすいので、買いのチャンスです。

売りサインのデッドクロス

デッドクロスとは、短期の移動平均線が長期の移動平均線を「上から下に」突き抜けることを指します。

デッドクロスが出ると下落トレンドが起こりやすいので、売りのチャンスです。

移動平均線と相性のいいインジケーターの組み合わせ

移動平均線は見慣れればローソク足との関係も、すぐ分かるようになり、バイナリーオプション取引いおける予想に有効と感じるようになるでしょう。

しかし、移動平均線はあくまでも過去のデータの平均値を視覚化して表示しているだけなので、実は得られる情報量が限定的です。

ゴールデンクロスが出ると上昇トレンドが起きる確率が高まるだけで、絶対にトレンドが発生するわけではありません。

そのため、移動平均線と相性のいいインジケーターを組み合わせて明確なエントリー根拠を強めていきましょう。

【トレンド系】移動平均線+ボリンジャーバンド

まずは、移動平均線とトレンド系インジケーター【ボリンジャーバンド】との組み合わせ方法をご紹介します。

ボリンジャーバンドは相場のボラティリティー(振れ幅)を一定期間の価格データから測定して、変動範囲を予測してチャート上に表示する指標です。

ボリンジャーバンドはテクニカルチャートのひとつで移動平均線とその上下2本ずつの標準偏差からなる線の計5本の線で表されます。

出典:SMBC日興証券

ボリンジャーバンドは値動きの範囲を示した指標のため、ボリンジャーバンドの線(ライン)で形成される領域で価格が推移すると言われています。

移動平均線とボリンジャーバンドを組み合わせてエントリーポイントを見極める詳しい方法は、以下の記事を参考にしてみてください。

ボリンジャーバンド
バイナリーオプション|常勝のボリンジャーバンド手法を徹底解説 バイナリーオプションは世界中の投資成功者も数多く愛用しているボリンジャーバンド(通称:ボリバン、BB)を使うだけで誰でも...

【オシレーター系】移動平均線+RSI

RSI

移動平均線は特にオシレーター系のインジケーターと相性がいいと言われています。

その中でも、筆者が相性がいいと考えているのは移動平均線とRSIの組み合わせです。

移動平均線とRSIの組み合わせは、トレンドに沿った取引方法でトレンドに対して順張りで取引するのがおすすめ。

移動平均線のデッドクロスやゴールデンクロスの派生がエントリーのタイミングなので、パターンがでるまでじっと待機するのがいいでしょう。

ハイロー仙人
ハイロー仙人
あくまでも、わしのおすすめ組み合わせじゃから、一度デモ取引で試してから自分の取引に導入するのがおすすめじゃよ

RSIについての詳しい記事は以下をご覧ください。

RSI
バイナリーオプション|RSIの実践的な使い方と期待値のある手法解説 バイナリーオプションのインジケーターの中でもRSIは特に人気があります。 ただし、RSIを使ってバイナリーオプションで勝つ...

【オシレーター系】移動平均線+MACD

MACD

出典:auじぶん銀行

MACDとは期間の異なる2つの移動平均を使用して買いと売りのタイミングを判断する指標。

移動平均線の弱点であるトレンド発生のサインが遅い部分をカバーするのがこのMACDとの組み合わせです。

具体的なMACDを使用したエントリーポイントについての詳しい内容は以下の記事を参考にしてみてください。

MACD
【バイナリーオプション】MACDのだまし回避法と実践テクニック バイナリーオプションでMACDを使っている方の中には、MACDを使うことで勝ちやすくなったのは確かだけど(だまし)でよく負け...

ハイローオーストラリアで移動平均線が重要な理由

ハイローオーストラリアでの取引において、移動平均線は重要になります。
理由は様々ですが、大きな要因は以下の3つです。

過去のデータ推移を追える
複数の平均線から傾向を直感的に把握する
平均線の位置関係とクロスで相場を分析する

1:過去のデータ推移を追える

移動平均線を使うと、過去のデータを読み取りやすいです。
移動平均線は過去の終値の平均を結んでいるので、滑らかな線になります。

すると、過去のトレンドがどう変化しているか、大まかに分かるのです。
過去チャートをじっくり見て傾向をつかむのは大変なので、そういった意味では移動平均線は役立つツールと言えます。

2:複数の平均線から傾向を直感的に把握する

移動平均線は、複数本を組み合わせるとより効果を発揮します。
テクニカル分析においてまず注目したいのが「移動平均線同士の位置関係」です。

移動平均線は常に交わったり、乖離したりしていますが、これらもトレンドを予測するうえで判断材料になります。
例えば、2本の移動平均線同士が乖離しすぎていると相場の買われすぎ、売られすぎを予測できるのです。

複数の移動平均線を使うと、様々な情報を読み取れるようになります。

3:平均線の位置関係とクロスで相場を分析する

移動平均線の位置関係やクロスも、トレンドを見極める指標になります。

特に初心者でも分かりやすいのが「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」です。

これらのサインによって、一目でトレンドを把握することができます。
もちろん、必ずしも相場がついてくるとは限りませんが、ひとつの判断基準として使えるでしょう。

まとめ

移動平均線の利用方法について解説してきましたが、重要なポイントは以下の3つです。

過去のデータ推移を追える
複数の平均線から傾向を直感的に把握する
平均線の位置関係とクロスで相場を分析する

移動平均線はトレンドの転換点を見つけるための指標のため、勝率アップの役立てていきましょう。

いきなり、リアルトレードへ移動平均線を導入する前に一度デモ取引で試して少しずつ勝率を上げるところから始めるのがおすすめです。

ハイローオーストラリアのデモ取引についての詳しい内容は以下の記事を参考にしてみてくださいね。

デモ取引
ハイローオーストラリアのデモ取引の始め方!デモができない時の対処法ハイローオーストラリアで取引を始める際に一番重要なのは、デモ取引でしっかり練習することです。 ハイローオーストラリアのデモ取引は、自分の資金を使わず実際のバイナリーオプション取引と似た環境で取引が体験できる機能。 いきなり自分の資金を使って取引するのに不安を感じている方は、ぜひデモ取引から始めていきましょう。...

[su_button url=”https://binaryoption-report.com/highlow” target=”blank” style=”3d” background=”#1dcd00″ size=”5″ center=”yes” radius=”round” icon=”icon: play”]ハイローオーストラリアの公式サイトはこちら[/su_button]

ABOUT ME
ハイロー仙人
当サイトで、ハイローオーストラリアの取引に関する情報をお届けしています。 勝った情報も負けた情報も是非参考にして下さい。 管理人が一押しするハイローオーストラリアの公式サイトはコチラです。 公式サイト:ハイローオーストラリア 僕のサイト:http://binaryoption-report.com/